仕様検討

このような悩みはございませんか?

  • 図面やイメージ図を基に仕様を合意したが、実物を見て、「思っていたのと違う」とクレームを受けてしまう。
  • 実際に使用して初めて、作業姿勢つらさがわかった。
  • 設置場所が悪く見えにくい。

従来手法の限界、技術的課題

  • コスト・工期から、原寸大だけでなく、ミニチュアでもモックアップを作る事が難しい。
  • 図面やイメージ図だけでは、個人差、環境差がある姿勢や目線やなどを考慮しにくい。

MREALが実現します

  • 3Dデータを実寸大でMR体験させる事が出来、早い段階で指摘や、より確度の高い合意を得ることができます。
  • MR体験者の手を表示し、データに触れるように体験できるため、VRでは判りにくい距離・大きさが把握しやすく、齟齬が起こりにくくなります。

仕様検討の実現イメージ1

仕様検討の実現イメージ2

関連動画

作業性検証