ホーム > ソリューション・製品 > MR > デザインレビュー

デザインレビュー

このような悩みはございませんか?

  • 操作性をCADで評価しているが、モックアップで確認したらイメージが違ったと言われてしまった。実物評価結果とのギャップを少しでも無くしたい。
  • 費用の都合で複数案のクレイモデルや試作の製作ができない。
  • モックアップが出来上がる間に修正箇所が増えていき、レビュー時にモックアップと最新の設計データの差分を伝える手間がかかる。

従来手法の限界、技術的課題

  • 2Dディスプレイでは複雑な立体形状や隙間を正しく理解することは難しく、また設計者もデザイナーなどの下流担当者へ認識違いなく伝えることが難しい。
  • サイズの大きなモックアップは、作成コストだけではなく、保管と廃棄などの管理も発生する。また、モックアップでは質感が表現しにくいため、実物とのイメージにギャップが生じやすい。
  • モックアップを発注後の変更点は反映されないため、発注するタイミングが難しい。

MREALが実現します

  • モックアップにCGを重畳することで、よりリアルな感覚で評価できるため、実物評価に近い検討ができます。
  • 軽微な仕様変更は次のモックアップを待たずにMREALで変更部分を都度確認することでモック削減に伴うコスト削減、および、レビュー回数を増やすことによる品質向上が期待できます。

デザインレビューの実現イメージ1

デザインレビューの実現イメージ2

関連動画

CGと現物の組合せ

ホーム > ソリューション・製品 > MR > デザインレビュー