ホーム > ソリューション・製品 > MR > 製造ラインのレイアウト検討

製造ラインのレイアウト検討

このような悩みはございませんか?

  • 「作業者は受動的な参加」

  • モニタ画面によるライン確認会

    • モニタ画面に映したラインシミュレーターで現場作業者に確認しても、ライン完成後に作業性について不満の声が上がりレイアウト修正に迫られる。

    従来手法の限界、技術的課題

    • モニタ画面では現場作業者が距離感やサイズ感をつかみにくい。
    • 作業姿勢をとった状態での視認性が確認できない。
    • 現場作業者の個人差を考慮した視認性、動きの確認ができない。

    MREALが実現します

  • 「作業者が能動的に参加」

  • 作業者がHMD装着しライン確認会

    • ラインデータを実寸大で表示して、作業者が作業姿勢をとりながら自分視点で確認できるため、直感的で多くの気づきが得られる。
    • 個人差に応じた視界が得られるため、各個人が実作業に近い感覚で確認できる。
    ホーム > ソリューション・製品 > MR > 製造ラインのレイアウト検討