動画で見る「MREAL」


MREAL紹介映像(キヤノンのサイトが開きます)

3Dの進化系、それがキヤノンの「MREAL」

MR(Mixed Reality)とは現実世界と仮想世界を融合させる映像技術。
コンピュータグラフィックス(CG)のみで表現されるVR(Virtual Reality)から一歩進んだ、複合現実の世界。キヤノンの映像技術が、新たな視覚世界を生み出します。
そこに“ある”という体感を生み出す、圧倒的な創造力。それが、キヤノンの「MREAL」です。

  • 臨場感あふれる、実寸大の世界現実のスペースにあたかもそこにあるかのように、3Dデータを実寸大で重ね合わせて表示します。
    たとえば、仮想のモックアップ(デジタルモックアップ)を本物が存在するかのように体験することが可能です。
  • 自由な視点空間におけるユーザーの位置姿勢を高速・正確に把握することで実現した高精度でリアルタイムな位置合わせで、現実と仮想の世界を正確に融合します。
    ユーザーの視点に追従した、自由な角度からの観察が可能です。
    また、キヤノン製ネットワークカメラ WebView Livecam(VB)シリーズ*1を利用すれば、俯瞰的な視点で現実映像と3Dデータが合成された映像(客観視点映像)を表示することができ、「MREAL」を利用したプレゼンテーションの効果が高まります。*2

    *1 対応可能な機種についてはお問い合わせください。
    *2 MREAL Platform MP-110以降の機能です。
  • 今を体感できるインタラクティブ性現実世界と仮想世界が相互に作用することで操作性、表現力を高めます。
    直観的な判断がコミュニケーションを加速させます。
  • 広がるデータ互換性MREAL Direct Viewer・MREAL VisualizerなどのMREAL表示アプリケーションソフトウェアにより、主要な3Dソフトウェアの画面やデータファイルをMREALディスプレイで表示できる互換性を実現しています。
    2次元では確認できなかった設計データの奥行きを、お客様が既にお持ちのデータを使って体感することができます。
    データ互換性説明図
  • MREALを動作させるための基本構成がベースシステムとなります。その他の各種位置合わせ方法と表示アプリケーションに関しましては、お客様の利用目的やご要望に応じて適切な構成をご提案させていただきます。

ベースシステム

ヘッドマウントディスプレイ

MREAL基本ソフトウェア

MREALディスプレイを動作させるための基盤ソフトウェアです。全てのシステムで必須となります。利用分野・用途に応じた複数のエディションが用意されています。

PC(稼働環境)

MREAL表示アプリケーションソフトウェア

MREALディスプレイにお客様がお持ちの3Dデータを表示するためのアプリケーションソフトウェアです。
分野・用途・データ種別に応じて最適なものをご利用ください。

位置合わせ

「手軽さ重視」や「精度重視」など利用分野・用途に応じた位置合わせの環境が構築できます。