ホーム > ソリューション・製品 > MR > 作業内容の確認

作業内容の確認

このような悩みはございませんか?

  • 設計段階から現場作業者を交えレビューするが、実機確認段階で作業性や視認性の問題が判明し、手戻りが発生した。
  • 作業者はモニタ画面を見ても自分の体感からほど遠く、作業性は実物ができてから確認したい。

従来手法の限界、技術的課題

  • CAD画面上では、実際の距離感やサイズ感をつかみ難い。また、個人差がある視点や姿勢を加味できず、ワークや工具を取り回す実作業の動きを正しく判断できない。
  • 実物ができてからの作業性の確認では、手戻りが多く発生する。

MREALが実現します

  • CADデータを目の前に原寸大で表示し、自分の手を物差し代わりにしながら距離感を図り、実作業感覚で確認ができます。
  • 自分目線でアクションできるため、CADでは気づかない直観的かつ現実的な気づきを多く得ることができます。
  • 現物が出来るよりも早いタイミングで設計途中のCADデータを使った作業性検討が可能なため、設計への私的・要望が可能となり、手戻り削減につながります。
  • 本物の治工具を組合せることで、実際の重みを感じながら検討でき、実機での検討により近く、課題出しのフロントローディングができます。

作業内容の確認の実現イメージ1

作業内容の確認の実現イメージ2

関連動画

作業性検証

ホーム > ソリューション・製品 > MR > 作業内容の確認