ノンプログラミングで超高速開発。
Webアプリケーション自動生成ツールでシステム開発革新を。

超高速開発ツール Web Performer はノンプログラミングでWeb アプリケーションを100%自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツールです。
直感的な開発、素早いリリース、自動生成による品質の均一化などにより開発期間が短縮でき、業務のエキスパートであるユーザ部門とシステム開発のエキスパートであるIT 部門が参画する「共創型開発」を実現し、ビジネス環境の変化にも柔軟に対応したシステム構築が可能となります。

Web Performer紹介動画

Javaの知識に関わらず、業務・設計ノウハウを活用して設計した情報をWeb Performerに定義(登録)し、「アプリ生成ボタン」をクリックするだけでWebアプリケーションを100%自動生成します。PCのみならず、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに最適化されたWebアプリケーションも自動生成します。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間を短縮し、超高速開発を実現します。
更にワークフローオプションを使えば、日本的で複雑な業務フローにも対応可能な決裁を簡単にWebアプリケーションに組み込むことができます。

Web Performer概要図

超高速開発ツール「Web Performer」

当社では「Web Performer」を超高速開発ツールと位置づけ、超高速開発コミュニティに参加しています。

  • 開発期間と開発コストを可能な限り押さえ、自社業務に合ったWebシステムを導入したい
  • パッケージが合わなく、システムをスクラッチ開発するも品質がバラバラ。高品質なWebシステムが欲しい
  • 多様化するIT環境や技術進化に対応が困難
  • 従来のシステムが老朽化し、メンテナンスが困難。Webシステムに変えてモバイルにも対応したい
  • 人材育成の時間とコストがかかり、技術者の確保が困難(開発環境が多様化し、ベテランからの技術継承が難しい)
  • Webアプリケーションを100%自動生成登録画面からスキーマ情報として「データモデル(DM)」、画面情報として「入出力(IO)」、さらに必要に応じて業務フローとして「ビジネスプロセス(BP)」の3つを定義します。登録後、Web Performer の「アプリ生成ボタン」を押すと、Webアプリケーションが自動生成されます。データベーススキーマやJavaプログラム(JSP、Servlet、JavaBeans、JavaScript)も100%自動生成されます。
    また、モバイル入出力(IO)を定義するだけで、スマートデバイスからアクセスできるWebアプリケーションの開発が可能です。
    これにより開発者のスキルに左右されることなく、バグや属人性が排除され、安定したWebアプリケーションが開発できます。また自動生成により、開発期間が短縮され、導入した多くのケースで生産性が向上しています。Webアプリケーションの超高速開発ツールとしても注目を浴びています。
  • 操作性の高いWebアプリケーションを自動生成AjaxやJavaScriptを活用し、操作性の高いWebアプリケーションを自動生成。クライアント/サーバシステムと遜色ない操作性を実現できます。また、jQuery MobileのGUI 部品を活用した、スマートデバイスに最適化されたWeb アプリケーション画面も自動生成します。
  • 本番環境にランタイムプログラム不要Web Performerの優位性は、ピュアなJavaアプリケーションを100%自動生成することです。本番環境に別途ランタイムモジュールを導入する必要がなく、運用フェーズにおいてもフレキシビリティの高いアプリケーションの構築が可能です。

要件定義からWebアプリケーションを100%自動生成

Web Performerの開発は、統合開発環境のEclipseにWeb Performer plug-inを入れて行います。
●データモデル(DM)
データベースのスキーマ情報(項目の属性や名前、桁数など)を登録します。
●ビジネスプロセス(BP)
業務フロー(登録、更新、既存の業務フローの呼び出しなど)を登録します。
●入出力(IO)
画面情報(表示項目、レイアウト)を「入出力(IO)」へ登録します。実際の表示画面を瞬時に確認できるプレビュー機能も搭載しています。

バグや属人性が排除され、安定したWebアプリケーションを開発

バグや属人性が排除され、安定したWebアプリケーションを開発

自動生成によりバグや属人性が排除され、安定したWebアプリケーションを開発できます。また自動生成により、開発期間が短縮され、導入した多くのケースで生産性が向上しています。Webアプリケーションの超高速開発ツールとしても注目を浴びています。

本番環境にランタイムプログラム不要

本番環境にランタイムプログラム不要

Web Performerの優位性は、ピュアなJavaアプリケーションを100%自動生成することです。従って、本番環境に別途ランタイムモジュールを導入する必要がなく、運用フェーズにおいてもフレキシビリティの高いアプリケーションの構築が可能です。

GUIエディタで直感的な開発。画面遷移設計もGUIで

GUIエディタの「入出力パレット」を使って、ドラッグ&ドロップで簡単に画面デザインが行えます。また、実際の表示画面を瞬時に確認できるプレビュー機能も搭載しています。
画面遷移設計もGUI操作でビジュアルに作図でき、システム全体の画面遷移状況を出力することもできます。

バッチ処理自動生成

大規模システム開発に必要不可欠なバッチ処理を自動生成します。Webアプリケーションの業務フロー「ビジネスプロセス(BP)」を共通利用できます。パフォーマンス向上のための処理件数単位の設定やリカバリ機能も搭載しています。

設計書出力・クロスリファレンス

設計書出力・クロスリファレンス

●定義をExcel出力
定義情報をExcel 形式の設計書として出力可能です。

●クロスリファレンス
指定した定義体コードが、どこで使用されているかを確認でき、メンテナンス時に、影響範囲を一目で把握できます。

HTML5とAjaxの技術を活用した、操作性の良い画面

データ入力に伴う自動計算や画面項目の部分再描画、フル桁入力で自動カーソル遷移、入力項目に対して説明文を表示させるプレースホルダー機能、項目やボタンなどにマウスを乗せた時にメッセージを表示するツールチップ機能など、HTML5のコンポーネントやAjaxの機能を活用し、デザイン性が高く、操作性の良いWeb画面の自動生成が可能です。

データグリッド/グラフ/Webフォント

従来の一覧形式のデータ表示に加え、データグリッドでは高速な表示が可能です。列の表示・非表示、列固定、列の並び替えなど、Excelライクな操作感が実現できます。
アプリケーションのデータを元に、自動的にグラフを表示させることができます。グラフ上にマウスオーバーすると詳細データが表示されます。
円グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、散布図の5種類のグラフに対応しています。
Excelで行っていた業務のWeb化が実現できます。

外部連携機能

JavaやJavaScript、ストアド・プロシージャ、Webサービスを呼び出すことも可能な、連携用インターフェース機能を標準装備します。

多言語対応

多言語に対応したWebアプリケーションを自動生成できます。日本語、英語、中国語(簡体字)は、翻訳済みの組込リソースファイルを提供します。その他の言語についても独自にリソースファイルを翻訳することで対応できます。

利用シーン1:Notesマイグレーション

Lotus Notes移行の難易度と解決策

グループウェア機能群と文書DB機能群の上位バージョンへの移行は比較的容易と言えます。また、別なグループウェア機能製品に切り替えることも可能です。しかし、Notesアプリ機能群は上位互換の問題や、アプリケーションに独自の作り込みが行われているため、上位バージョンへの移行は難しいと言えます。移行時にNotesアプリ機能群を別アプリケーションとして再構築すると、追加要件が発生し、開発コストが増加したり、運用開始まで時間を要してしまうことも珍しくありません。

そこでWebアプリケーション100%自動生成ツール Web Performerを使用したNotesアプリの再構築をご提案いたします。Web Performerを使用することでリッチテキストやワークフローに対応した、属人的なバグが無い、高品質なWebアプリケーションを短期間で構築することができます。

Web Performerを使ったNotesマイグレーション

・Notesスクリプトで開発したアプリケーションをWeb Performerで再構築します。Webアプリケーションを自動生成することで、開発期間が短縮され、生産性が向上し、コスト削減も実現できます。
・申請データ毎に次の承認者を指定したり、ワークフローの進捗状況を把握することができます。一括承認機能も実現できます。
・アプリケーションの画面項目としてリッチテキストが利用可能です。
・AjaxやJavaScriptを活用し、操作性の高いWebアプリケーションを自動生成できます。クライアント/サーバシステムと遜色ない操作性を実現します。

ワークフローオプション

複雑なフローもGUIで簡単開発、開発・運用機能も充実

ワークフローオプションとは、Web Performerで構築した業務アプリケーションに高機能で高い操作性を持ったワークフロー機能を簡単に実装するためのツールです。Web Plantワークフローシリーズ(統合決裁基盤)に位置づけられます。

ワークフロー全体像

Web Plantで提供しているプロセス設計機能を活用し、複雑なワークフローを直感的にGUI開発できます。 また、管理・運用機能を活用し、ワークフロー経路や組織変更もバージョン管理を行い、セキュアで高いトレーサビリティを確保した開発が可能です。

ワークフローオプションの概念

Web Performer側で、「データモデル(DM)」「入出力(IO)」「ビジネスプロセス(BP)」を登録するとともに「ワークフロー設定」を行います。ワークフローオプションは、「開発サーバ」で組織情報(ユーザ・ロール・部門)と経路を設定し、「開発サーバ」にデプロイします。実行時はワークフローオプションで設定した経路に従い、アプリケーション画面が表示されます。ワークフローオプション側では処理待ち一覧が表示されます。

組織改編に強力なバージョン管理機能

新組織や業務の自動切換えを実現
組織情報、フロー情報は運用環境にデプロイされ有効となった時点で、自動的に最新バージョンとして登録されます。新組織や業務変更への自動的な切換えが可能です。
新旧バージョンは並行運用が可能
決裁途中の案件は、新しいデプロイの影響を受けず、従来のバージョンで継続されます。
高いトレーサビリティを確保
全てのバージョンは差分情報として管理されます。また、過去に遡って、案件情報が決裁された時点の組織情報や画面レイアウトのまま確認できます。

当社では「Web Performer」を超高速開発ツールと位置づけ、超高速開発コミュニティに参加しています。(超高速開発コミュニティのサイトはこちらをご覧ください。)

超高速開発コミュニティ

お一人さま1台マシンをご用意し、Web Performerを使ったプログラミングレスでのWebアプリケーション開発を体験していただけます。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • アプリケーション開発基盤 マルチデバイス、マルチプラットフォーム、クラウド環境に対応した、HTML5やJAVAの自動コード作成などの高速で高品質のアプリケーション高速開発ソリューションをご提供します。
  • ワークフロー キヤノンITソリューションズが提供するワークフローシリーズ製品群は、申請と決裁を伴なう様々な業務を一元的に管理する「統合決裁基盤」を実現します。

この製品に関連する製品

  • Web Plant 多様な業務ニーズに 「きめ細かく」 「柔軟に」 こたえるワークフローシステム構築ツール
  • ワークフローコアエンジン フロントオフィス/バックオフィスなどあらゆる種類のワークフロー構築に対応できるエンジン
  • Web Plant SDK 既存の業務システムにWebサービスを利用してワークフロー決裁機能を搭載可能な開発キット
ホーム > ソリューション・製品 > ワークフロー > 超高速開発ツール Web Performer