ホーム > ソリューション・製品 > MR > MREALディスプレイ(ヘッドマウントディスプレイ)

キヤノンの光学技術と映像技術が結集したヘッドマウントディスプレイ

1997年から開発がスタートし、これまでの様々なユーザーニーズの変化に応えて改良され、用途に合わせた3つの機種をご用意しています。

  • 手戻りの少ない設計・デザインで作業効率向上を進めたいお客様
  • 効果的なシミュレーションによる生産効率向上を進めたいお客様
  • デジタルモックアップをご検討のお客様
  • 3D CAD入力をしながらリアルタイムに妥当性確認を進めたいお客様
  • 効果的なプレゼンテーションが必要となるお客様
  • 施主様への建築物の効果的なデザインレビューをご検討のお客様
  • 画質現実とCG(左手前の車)の見分けのつかない品質
    画質イメージ図
  • 画角検証に必要な中心視野をカバー
    画角イメージ
  • 表示CG像が透過することなく、リアリティの高い表現を実現できるビデオシースルー方式を採用
    (透過する「光学シースルー方式」との比較)

4つの重要指針

①光学的整合性

  • ビデオシースルー方式によりCGと現実映像の色を違和感なく融合
  • 高画質化の追求
  • 色再現性の追求

光学的整合性

②時間的整合性

  • 遅延量の最小化
  • 遅延を疑似的に低減させるモードを搭載(MD-20/S1)

③幾何学的整合性

  • 現実感覚と同じサイズ感や奥行感の体験
    • 1.カメラ・表示パネル・瞳を直線的に配置する「光軸一致」
    • 2.カメラと瞳の位置を近づけるための光学設計

幾何学的整合性

④体験時快適性

  • 小型化と軽量化、フィット感を追求
  • フリップアップ機構(S1)

体験時快適性

MD-20 MD-10 S1

サイズ

MREAL Display本体
(ヘッドマウントユニット、インターフェイスケーブル含まず)

約 165mm(W)
約 120mm(H)
約 53mm(D)

約 192mm(W)
約 139mm(H)
約 60mm(D)

約 154mm(W)
約 74mm(H)
約 37mm(D)

MREAL Display本体+
ヘッドマウントユニット
(最小状態、インターフェイスケーブル含まず)

約 224mm(W)
約 156mm(H)
約 250mm(D)

約 235mm(W)
約 139mm(H)
約 245mm(D)

約 186mm(W)
約 138mm(H)
約 250mm(D)

インターフェイスボード

約 127mm(W)
約 22mm(H)
約 353mm(D)

約 125mm(W)
約 22mm(H)
約 350mm(D)

約 122mm(W)
約 20mm(H)
約 141mm(D)

インターフェイスボックス

-

約 130mm(W)
約 42mm(H)
約 210mm(D)

質量

MREAL Display本体
(ヘッドマウントユニット、インターフェイスケーブル含まず)

約 380g

約 480g

約 137g

MREAL Display本体+
ヘッドマウントユニット
(最小状態、インターフェイスケーブル含まず)

約 620g

約 1,040g

約 338g

インターフェイスケーブル(10m)

約 320g

約 320g

約 310g

インターフェイスボード

約 570g

約 370g

約 195g

インターフェイスボックス(ACアダプタ含まず)

-

約 585g

ケーブル長

インターフェイスケーブル

約 10m(20mは別売アクセサリ)

グラフィックスケーブル(ボードタイプ)

約 0.2m

約 0.5m

Thunderbolt 3ケーブル(ボックスタイプ)

-

約 0.7m

電源

インターフェイスボックス

電源電圧定格

-

+24.7V(ACアダプターより給電)

消費電力

約 35.5W

インターフェイスボード

電源電圧定格

+3.3V(PCI Expressバスより給電)
+12.0V(ATX電源より給電)

+3.3V(PCI Expressスロットより給電)
+12.0V(PCI Expressスロットより給電)

消費電力

定格 約 88W

定格 約 48W

約 35.5W

通常動作時 約 65W

通常動作時 約 36W

表示系

表示画角

約 70°(水平)×40°(垂直)

約 60°(水平)×40°(垂直)

約 45°(水平)×34°(垂直)

表示解像度*1

約 5120×1600
(左右のディスプレイそれぞれに2560×1600の映像を表示)

約 3840×1200
(左右のディスプレイそれぞれに1920×1200の映像を表示)

約 3200×1200
(左右のディスプレイそれぞれに1600×1200の映像を表示)

表示周波数

約 60Hz

約 54Hz

約 120Hz*2

輻輳距離

約 1.4m

表示モード

3D表示

3D画像入力方式

2ch パラレル

2ch パラレル

2ch パラレル

撮像系

撮像画角

約 81°(水平)×69°(垂直)

約 66°(水平)×40°(垂直)

約 68°(水平)×58°(垂直)

輻輳距離

約 1.4m

光軸

表示系と一致*3

露出調整

オート、手動、露出補正

オート、手動、露出補正

オート、手動、露出補正

ホワイトバランス調整

ワンクリック、手動

ワンクリック、手動

オート、手動

シャッター速度調整

1/60 ~ 1/32000

位置合わせ
専用カメラ

検出画角

約 69°(水平)×81°(垂直)

約 68°(水平)×114°(垂直)

約 76°(水平)×102°(垂直)

シャッター速度調整

視線カメラと同じ
(個別設定不可)

1/120 ~ 1/32,000

1/60 ~ 1/32,000

接続端子

MREAL Display本体

インターフェイスケーブル専用端子(×1)

インターフェイスボード

インターフェイスケーブル専用端子(×1)
miniDisplay Port端子(×4)
PCI Express 2.0(Gen2)×4(×1)

インターフェイスケーブル専用端子(×1)
Mini DisplayPort 端子(×1)
PCI Express 2.0(Gen3) ×4 カードエッジ(×1)

インターフェイスボックス

-

インターフェイスケーブル専用端子(×1)
ACアダプター端子(×1)
PC接続ケーブル端子(×1)

出力画像

解像度

1920×1080、2560×1600を切り替え可能

1920×1200

なし(専用アプリケーションで対応)

周波数

約 60Hz

約 54Hz

なし(専用アプリケーションで対応)

画像信号

Display Port 1.2

なし(専用アプリケーションで対応)

対応眼幅

適合範囲

約57 ~ 80mm
(調整範囲) 約 59mm ~ 78mm

約51 ~ 78mm
(調整範囲) 約 59mm ~ 70mm

約55 ~ 78mm
(調整範囲) 約 57mm ~ 76mm

動作環境

使用可能温度

5℃ ~ 33℃

5℃ ~ 35℃

5℃ ~ 32℃

使用可能湿度

10% ~ 85% (結露なきこと)

*1:表示パネルの解像度です。一部映像に利用しない領域があります。
*2:表示パネルの駆動周波数です。尚、撮像カメラとCGのフレームレートは、60fpsです。
*3:眼幅調整値を63mmに設定した場合。

価格

オープン価格

お客様の利用目的やご要望に応じてシステム構成が異なります。
システム構成(ハードウエア、ソフトウェア、PC、周辺機器等)により費用は異なりますので、詳しくはお問合せください。

関連製品・オプション

アクセサリ(ハードウェア)※キヤノンITS販売元製品

MREALディスプレイアクセサリ

MREALディスプレイを目的に合わせて活用する周辺アクセサリ

お客様の用途に合わせてMREALディスプレイをもっと便利に活用するためのアクセサリを用意しています。

MD-20 MD-10 S1
ベースアクセサリ
ハンドヘルドユニット

MREAL Displayの手持ち使用を可能にします

HH-2 HH-1 HH-3
アイカップ

外光を遮断し、体験映像への没入感を向上させます

EC-2 EC-1 EC-3
フロントアクセスキット

インターフェイスケーブルのコネクタ部を前側にして、ケーブルの抜差しを簡易にします

FK-1 -
インターフェイスケーブル(20m) IC-2000 IC-2000B

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • MRそこに“ ある” という体感を生み出す「MREAL」

この製品に関連する製品

この製品に関するトピックス