AvantStageにおける生産管理・原価管理・販売管理をカバーするソリューション mcframe

mcframeとはキヤノンITソリューションズ株式会社の基幹業務トータルソリューションであるAvantStageの中で生産管理・原価管理・販売管理を担い、AvantStageの他製品をつなぐ中心的かつ重要な位置づけとなっています。mcframeは製造業に特化した純国産パッケージです。そのため製造業のさまざまなノウハウが標準で利用できます。また業務に合わせた柔軟なカスタマイズ対応も可能です。

mcframe 機能概要図

※原価管理については下記ラインナップの「mcframe 原価管理」をご確認ください。

  • 生産管理システムとしてパッケージ導入では不安や抵抗感がある。
  • 海外パッケージでは、日本特有のきめ細かな管理が出来ないと考えている。
  • グループ企業や海外工場で別々のシステムにはしたくないと考えている。
  • 製造業に特化製造業に特化した製品開発をしてきたからこそ実現できた日本の「ものづくり」の強みを引き出すためのパッケージです。ものづくりの業務ノウハウや豊富な経験が集約されています。
  • 業務に合わせる柔軟性と拡張性さまざまな業務ノウハウを反映した製品設計により、柔軟な業務への対応を実現します。さらにデータベースやソースコードを公開し開発ツールを提供することで個別要件への対応も可能です。
  • さまざまなシステムと連携SOA基盤と他システム連携アダプタを使用することにより、MES・スケジューラ・PLM/PDM・EDI・会計など、他システムとのシームレスな連携を実現します。
  • 海外展開をサポート多言語・多通貨・複数会社管理などのグローバル要件への対応、日本の製造業の海外での「ものづくり」を支援します。
  • 導入バージョン永続保守導入バージョンを永続保守しています。バージョンアッププログラムの適用要否を選択可能なため、バージョンアップが業務改革の推進を阻害することがありません。

見込生産・受注生産の混在運用に対応

・見込生産では、販売計画・内示情報をもとに需給調整を行い、生産計画を立案する流れを表現できます。
・受注生産では、製番手配のほか、半見込・半受注生産やサミダレ手配にも対応しています。

超高速・高機能MRPで、即座の計画立案やシミュレーションを支援

・インメモリーでの高速計算処理により、計画立案や計画変更にスピーディーに対応できます。
・製造進捗や原材料調達状況まで見通した、計画変更シミュレーションをサポートします。
・生産計画と発注予定の紐付けにより、納期遅れ等の異常オーダの影響探索を即座に行えます。

さまざまな製造モデルに対応

・組立加工ではバックフラッシュ、プロセス生産ではロット別入力など、各種実績入力の運用に対応しています。
・1品目複数工程の定義により、工程別進捗や原材料投入・作業時間実績など、精緻な工程管理が行えます。
・標準MESインタフェースにより、現行の現場システムと容易に連携できます。

品目特性や管理レベルに応じた在庫管理

・品目特性や管理レベルに応じて、品目ごとに総量管理、ロット管理、サブロット管理を選択できます。
・倉庫・工程・外注先などの在庫場所のほか、棚番管理に対応しています。
・現状在庫のほか、将来の在庫推移をリアルタイムに把握することで、異常時にも即座に対応できます。

さまざまな業界で利用できる品質管理

・受入検査・製造検査のほか、期限切れ再検査や異常時の全数検査など、各種検査に対応しています。
・合否判定だけでなく、検査規格・検査値の管理や検査成績書の発行も行えます。
・正展開・逆正展開双方でのトレースにより、原因調査や出荷先への影響探索まで即座に把握できます。
・トレース情報から生産履歴・検査履歴へ遷移し、より詳細な情報追跡をサポートします。

キヤノンITソリューションズの3つのmcframeおすすめポイント

ポイント1 |製造業向けAvantStageのコアとしてのソリューション

AvantStageの基幹システムソリューションのコアであるmcframeは、需要予測・受給計画(FOREMAST)、生産スケジューラ(Asprova)、会計・人事給与(SuperStream)と情報の連携を行っています。又これらのソリューション全体に対して機能追加をする時の開発基盤ツール(Web Performer)も標準で用意しています。

AvantStageの製品構成とmcframeの関係

ポイント2 |キヤノンITソリューションズはトップレベルのmcframeパートナー

当社は、アワード受賞履歴、資格保有者数、導入実績から見て、トップレベルのmcframeパートナーです。

mcframeアワード10年連続受賞、MCCP資格保有者数TOP3、豊富な導入実績

POINT3 |真のワンストップサービスをキヤノンITソリューションズがご提供

キヤノンITソリューションズ株式会社はシステムライフサイクルの 全てのステージをワンストップでサポートします。

企画、要件定義、計画・設計、開発、運用・保守までワンストップサポート

導入範囲【販売・生産・原価】

株式会社東京ダイヤモンド工具製作所様

繰返し受注生産にフィットした基幹システムをmcframeCSにて構築

老朽化したホスト販売管理システムをmcframeCS生産・販売・原価にて段階リプレース、同時に会計へSuperStreamを導入することで、シームレスな基幹システムを実現した。
従来、販売管理のみであったところ、受注をトリガーとする生販一元で串刺管理可能なシステムに刷新した。具体的には、受注~生産オーダエントリー~MRP展開~購買発注~製造~出荷を一貫トレース可能とした。特に繰返し受注生産にフィットするように、品目マスタを含めたBOMをユーザの製品仕様に従って一括生成する機能をアドオン開発で実装、受注オーダからの納期回答、生産進捗管理を実現した。また発注・入荷業務は自動FAX送信機能により大幅に省力化している。
全国14ヶ所の拠点(製造4ヵ所、営業10ヵ所)導入にあたっては、リモートデスクトップのシャドウ機能を利用し、本社拠点からのオンラインサポートにより効率化した。システムは段階導入とし、販売・会計を一次導入、生産・原価を二次導入とし、お客様の導入負荷を分散した。

日鉄ケミカル&マテリアル株式会社様

mcframe最大規模プロジェクト、複数異業形態同時導入を実現

関連会社を含む4つの会社(本社を含む日本国内6拠点)の事業を3種類にグルーピングし、ニーズの高い3事業部門に導入した後、それを横展開するという形でプロジェクトを遂行、予定通りに本番を迎え、ホストコンピュータの廃止を実現した。
化学業として取り扱う多様な製造形態を事業共通視点での運用方針/カスタマイズを考えることによりカバーした。
mcframeを核とした販売・生産・購買データをシームレスに連携したSCM基盤の確立は、業務の高速化や可視化を実現している。
また原価管理においては、予算原価・実際原価(財務・管理)を実装しており、これらを複数法人、さらに細分化した会計単位毎に運用することで当期の実力及び予実の把握を可能とした。

照明機器・半導体メーカ様

見込生産、受注生産、個別受注生産が混合する生産部門に対するシステム統合を実現

生産形態の異なる生産部門(量産品機器製造、製番機器製造及び工事)に対してパッケージによる業務共通化と部門特性に応じたシステムを構築。従来より高速な所要量計算を実現し、部品共有化推進による機器手配効率化を支援。
また、機器製造~工事据付・竣工までの原価管理を実現するとともに工事情報パッケージとの連携を実現した。さらに、半導体製造部門においても業務共通化を図りながら導入展開し製造部門のシステム統合を実現。

導入範囲【生産・原価】

日本食研ホールディングス株式会社様

4工場の生産管理と原価管理をmcframeで統一。10年先までを見越したシステム基盤整備を実現

パッケージ導入による業務の属人化解消と業務整流化を実現。FOREMAST、Asprovaとの連携を実現し生産計画業務の連動性を改善。
既存の実績収集システム群との連携を実現し棚差減少、トレースレベルアップするとともに実際原価計算精度向上と生産現場で経営層が期待する原価管理を意識づけ管理レベル改善に寄与。

住宅設備メーカ様

見込生産/個別受注生産と異なる形態の生産管理をmcframeで構築

製品系列により見込生産、個別受注生産が混在する生産形態に対し、個別開発されたそれぞれ用の多種多様なローカルシステムで運用してきた既存の基幹業務を、mcframe生産・原価で再構築し、データと業務の一元化を実現した。
当社の独自ソリューション「FOREMAST」で構築した需要予測・生販在調整システムの出力結果から、見込生産品の生産計画立案と部品の自動MRP手配を達成し、部品在庫、製品在庫の圧縮を図ることができた。
また、個別受注品に関しては、見積時の積み上げ原価計算から設計変更、出荷変更、工事管理システムとの連携、完工後の実際原価計算までフルサポートし、受注オーダごとの損益把握に貢献している。

導入範囲【原価】

精密機器メーカ様

パッケージノンカスタマイズ導入にて、実際原価/標準原価/予算原価を実現。

MCFrameXA原価をノンカスタマイズ短期導入。(期間は8ヶ月)
従来システムでは対応できなかった品目別実際原価を実現し、正確な売上分析、在庫分析を可能とした。更に原価標準を策定することで、標準原価計算、及び、予算原価計算を実現。
標準原価計算では、前工程品及び購入品の価格差異の影響を除いた当工程のみの原価差異を明確に把握する仕組みを実装した。予算原価では原価標準を元に予算製造数から操業予算を元に配賦率をシミュレーションすることで原価標準策定へのフィードバック、原価標準確定後は操業度差異を把握する仕組みを実現。
原価計算に必要となる情報連携(受払実績及びマスタ)は、お客様の既存生産管理・販売管理システムよりパッケージ所定のレイアウトにお客様に加工いただいて取込む方式。受払実績はパッケージ標準機能でIF連携、マスタはテーブル洗替方式。

AvantStage(Best of Breed型 基幹業務トータルソリューションコンセプト)

各業務分野で高い評価を受けている業務システムパッケージを組み合わせて、お客さまに適した基幹業務システムを高品質・短納期・低コストで提供する、Best of Breed型のトータルソリューションです。長年にわたる多くのシステム構築経験とノウハウを活用し、個々の業務システム間のシームレスな連携を実現しています。

超高速開発ツール Web Performer

統合業務パッケージとして豊富な機能をもつSuperStreamですが、お客さま固有の機能の追加を行う場合に、Web Performer はノンプログラミングでWeb アプリケーションの自動生成が可能で、短期間で高品質の開発を実現します。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 基幹システム AvantStageならベスト・オブ・ブリード型の基幹システム導入で財務/管理会計・生産管理/計画・販売物流/購買管理・需給計画の課題を解決
  • SCM 企業間での受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や製品の需要変動に対応する全体最適を進めるソリューション

この製品に関連する製品

  • mcframe PLM 「設計」から「生産管理」のあり方を変えるワンストップソリューション
  • mcframe 原価管理 mcframe PCMでは高度なコストマネジメントのためのPDCA基盤を提供します

この製品に関するトピックス

この製品に関連するITキーワード