遠隔共有

このような悩みはございませんか?

  • グローバル化に伴い、異文化のローカルスタッフとのコミュニケーションを活性化したい
  • 遠隔地の協力会社と共同開発を進めているが、TV会議だけではイメージが伝わり難い

遠隔共有

従来手法の限界、技術的課題

  • 異文化コミュニケーションは、習慣の違いだけでなく言葉の壁もあり、相互理解に時間がかかる
  • WEB会議で3Dデータを共有する場合は、2Dディスプレイ上にデータを表示することができるが、大きさ感/距離感を正しく伝えきれずに間違った解釈をしてしまうことがある。

MREALが実現します

  • 非対面においても、複数拠点のスタッフと一つのモデルを共有して臨場感をもった検証を可能にします。
  • コミュニケーションの活性化により、遠隔地間の移動コスト削減や開発期間短縮を実現します。

関連動画

遠隔レビュー(デザイン編)

遠隔レビュー(作業性検証編)