ホーム > ソリューション・製品 > MR > 遠隔地コミュニケーション

遠隔地コミュニケーション

このような悩みはございませんか?

  • グローバル化に伴い、異文化のローカルスタッフとのコミュニケーションを活性化したい
  • 遠隔地の協力会社と共同開発を進めているが、TV会議だけではイメージが伝わり難い

従来手法の限界、技術的課題

  • 異文化コミュニケーションは、習慣の違いだけでなく言葉の壁もあり、相互理解に時間がかかる
  • TV会議でCG画面を共有しても、大きさ/距離感を正確にイメージできない

MREALが実現します

  • 遠隔地スタッフと1つのデータを共有してMREAL検討に参加できるため、百聞は一見にしかず、多くの説明を必要とせずに現地スタッフの課題出しを加速化
  • MREAL映像をTV会議やWebEX回線でシェアすることで、理解度が高まりコミュニケーションも活性化

関連動画

遠隔レビュー(作業性検証編)

遠隔レビュー(デザイン編)

ホーム > ソリューション・製品 > MR > 遠隔地コミュニケーション