ホーム > ソリューション・製品 > MR > レイアウト検証

レイアウト検証

このような悩みはございませんか?

  • 2Dディスプレイに映したラインシミュレーターで現場作業者に確認しても、ライン完成後に視認性や工具の取り回しについて不満の声が上がりレイアウト修正に迫られる。
  • 工事の企画内容を、より分かりやすく関係者に説明したい。

従来手法の限界、技術的課題

  • 2Dディスプレイでは距離感やサイズ感をつかみずらく、現場作業者の個人差を考慮した作業姿勢や視認性などの正しい検証ができない。
  • 説明して理解してもらえるまで時間がかかる上、判断がつかない場合は現物評価になってしまう。

MREALが実現します

  • 実寸大の工場データの中に立ってみることで、見落としていた課題に気づくことができます。
  • 鳥瞰図のような視点や自由な移動が可能なため、危険な高所作業を削減することができます。
  • 現場作業者自ら見たい視点で自由に確認でき、理解を深めていただくことで、即断即決に寄与します。
  • 配置や動線を変更しながら確認を行うことができるため、現実的なレイアウト検討ができます。

レイアウト検証の実現イメージ1

レイアウト検証の実現イメージ2

関連動画

作業性検討

点検箇所の事前確認

ホーム > ソリューション・製品 > MR > レイアウト検証