利用シーン

様々な業種課題を解決するMREALのソリューション

MREALの利用シーンはデザイン、作業性の検討や教育など多岐に渡ります。
MREALは革新的なコミュニケーションツールとして、様々な分野・場面で新たな可能性と価値を生み出します。


  • Case 1
  • 販促

デザインのイメージを実寸大で共有

実物と同じ感覚で評価、リアルな立体イメージを複数人で共有しながらの検討を実現。

デザインのイメージを実寸大で共有

  • Case 2
  • 仕様検討

施工前に完成後の姿を体感

主体的に使い勝手を確認しつつ、人物合成によって客観的にCGと人物との位置関係も確認しながら仕様検討が可能。

施工前に完成後の姿を体感

  • Case 3
  • デザインレビュー

モックアップとCGの組み合せでよりリアルな検証

MREALとモックアップを上手に併用し、レビュー数を増やすことによって、モックアップの作成回数を削減することが可能。実寸大・実物間隔の評価・検討ができるため、従来より多くのデザイン案を試すことができ、革新的なデザインプロセスを構築できます。

モックアップとCGの組み合せでよりリアルな検証

  • Case 4
  • 解析結果の表示

気流や温度分布を直感的に体感

現実空間では目に見えない空気の流れや温度分布を、シームレスに見える化。

気流や温度分布を直感的に体感

(協力)三機工業株式会社


  • Case 5
  • 作業内容の確認

立ち位置や周辺環境を確認しながら作業性検証

設計段階のラインの中で作業者が実際の作業姿勢を取りながらの検討を実現。個人差の直接確認も可能に。

立ち位置や周辺環境を確認しながら作業性検証

  • Case 6
  • レイアウト検証

大規模な工場レイアウトを把握

検証中の設備で実際の作業をしながら設備の取り回しを確認し、現場作業者の負担軽減を考慮した検証が可能。

大規模な工場レイアウトを把握

  • Case 7
  • 工場の現状確認

点群データを活用した事前検証

既存設備(点群データ)と新設備(CADデータ)の組み合わせで現場を事前確認、新設備の配置適正や作業安全性を検証し工事本番でのトラブルを低減。

点群データを活用した事前検証

(協力)株式会社エリジオン


  • Case 8
  • 現場作業のエルゴノミクス検証

モーションキャプチャと連携したエルゴノミクス検証

設計段階からモーションキャプチャと連携したエルゴノミクス検証を実施、現場の作業負担を軽減した工場づくりを実現。

モーションキャプチャと連携したエルゴノミクス検証

  • Case 9
  • 複数拠点での遠隔検証

臨場感あふれる遠隔地と空間共有

本社:タブレットを使用した、表示カメラの切り替え
支店:同じ空間上で問題点を指摘、組付け手順など相手の作業をリアルタイムで共有。

臨場感あふれる遠隔地と空間共有

  • Case 10
  • 技術継承

実践に近い教育環境で学習効果の向上

製品現物がない段階からの技術者訓練を実現。内部構造に直接入り込み説明や構造理解の促進も可能。

実践に近い教育環境で学習効果の向上

  • Case 11
  • 危険体験

危険作業を安全リアルに体験

現実では困難な落下、挟まれ、感電といった体験ができるコンテンツを作成し、労災ゼロに向けた教育することができます。実際の踏み台などを組み合わせて利用しても自分の足元が見れるので安全に体験することができます。

危険作業を安全リアルに体験