利用シーン


  • Case 1
  • 外観デザインの意匠検討

実物と同じ感覚で評価、リアルな立体イメージを複数人で共有しながらの検討を実現。


  • Case 2
  • 組立の作業性検討

自身の手を基準に治工具の重みを感じながら自分目線のアクションで実作業感覚の確認を実現。


  • Case 3
  • 製造ラインのレイアウト検討

設計段階のラインの中で作業者が実際の作業姿勢を取りながらの検討を実現。個人差の直接確認も可能に。


  • Case 4
  • メカニックの人材育成

製品出荷前段階からのエンジニア訓練を実現。内部構造に直接入り込み説明や構造理解の促進も可能に。


  • Case 5
  • 注文住宅ショールーム

設計段階で実物に近いイメージの体感的提示による施主レビューを実現。素早い仕様変更や高確度の合意形成が可能に。


  • Case 6
  • 新規設備の工事前検証

既存設備(点群データ)と新設備(CADデータ)の組み合わせで現場を事前確認、新設備の配置適正や作業安全性を検証し工事本番でのトラブルを低減。


  • Case 7
  • 現場作業のエルゴノミクス検証

設計段階からモーションキャプチャと連携したエルゴノミクス検証を実施、現場の作業負担を軽減した工場づくりを実現。


  • Case 8
  • 自動車内装デザインの検討

自分の手を物差し代わりに自分自身の感覚でCGの大きさや距離感を把握、実車評価に近い検討を可能に。


  • Case 9
  • 遠隔地コミュニケーション

遠隔地スタッフとデータやシーンを3次元で共有し、共同開発での現地スタッフとのコミュニケーションや課題出しを加速化。