技術継承

このような悩みはございませんか?


  • 若手の技術者の習熟度をいち早く高め、顧客満足度の向上につなげたい。
  • マニュアルや動画だけでは正しくイメージできない。また、実機では細かい内部構造までは確認できない。
  • 人材、開催場所、コストなどの制限があり教育環境を準備するのが困難。

従来手法の限界、技術的課題

  • 高度な技術を要する教育は、習熟度を高めることが難しい。
  • 座学で使うドキュメントや動画だけでは正しくイメージできず、実機を見ても内部構造の理解に時間がかかる。
  • 人材、開催場所、材料コストなどの制限があり、受講できる回数に限界がある。

MREALが実現します

  • 実機手配前から技術者訓練に着手でき、繰り返し体験できるので習熟度を高めることができます。
  • 海外工場向けや期間作業向けの検収における多言語環境の実施訓練としての利用に効果を発揮します。
  • 簡単に分解できない構造でも自分の身体ごと3Dモデルの内部構造に入り込むことができるため、本物以上の理解することができます。
  • 部品の扱いや交換手順を本物を交えて体験しながら学べるため、人材育成を座学から体験学へと前進させることができます。
  • コストを気にせず、繰り返し体験できるので習熟度を高めることができます。