ホーム > ソリューション・製品 > MR > 外観デザインの意匠検討

外観デザインの意匠検討

このような悩みはございませんか?

オペレータによるCAD操作“見せられている


オペレータによるCAD操作“見せられている”

  • 大型ディスプレイでレビューをしたものの、実車と見栄えの印象が違う。
  • デザインの設計変更の際に、設計者とデザイナーの調整に時間がかかる。
  • 複数案のクレイモデルや試作車の製作ができない。

従来手法の限界、技術的課題

  • 2Dディスプレイでは複雑な立体形状や隙間を正しく理解することは難しく、また設計者もデザイナーなどの下流担当者へ認識違いなく伝えることが難しい。
  • 予算の関係で、アイデアの数だけクレイモデルや試作車を用意することは難しい。

MREALが実現します

  • 視点位置による見え方がリアルタイムに反映されるので、実車と同じ感覚で見栄えの印象評価が可能。
  • リアルな立体イメージを共有しながらコミュニケーションできるため、関係者の意思統一が図れ、完成後のイメージギャップも減る。
  • 複数のデザイン案を目の前に原寸大で表示し複数人で同時共有できるため、試作を作る前段階の候補選びで効果を発揮。

CGを原寸大で表示し、複数人が自由な視点で同時に体験可能

CGを原寸大で表示し、複数人が自由な視点で同時に体験可能

ホーム > ソリューション・製品 > MR > 外観デザインの意匠検討