開発仕様

MatroxImagingLibrary 開発仕様

MatroxImagingLibraryのAPIには、画像処理、分析、アーカイブのツールのほかに、画像キャプチャ、注釈、表示の機能も含まれています。APIとこれに伴うユーティリティは、アプリケーション開発を円滑にし高速化することで多くのユーザから評価されています。

移植可能なAPI

MILのC言語 APIは直感的に使いやすいだけでなく、移植可能でもあります。サポートするフレームグラバーまたはオペレーティングシステム間でアプリケーションを容易に移植できるため、プラットフォームを柔軟に選択でき、開発への初期投資が保護されます。

簡素化されたプラットフォーム管理

MILの構成および診断ツール

MILを使用すると、開発者が下位のプラットフォームを意識する必要がなくなります。MILは、各プラットフォームの仕様に合わせて、管理(ハードウエア検出、初期化、バッファコピーなど)を簡単にできるように設計されています。開発者は、バッファの物理アドレスなどの一部のプラットフォームリソースを直接取り扱うことができます。また、デバッグサービス(関数のパラメータチェック、追跡、エラー報告)と、構成および診断用ツールも組み込まれています。

マルチタスク向けの設計

MILはマルチプロセス、マルチタスクのプログラミングモデルをサポートするため、MILデータを共有しない複数のMILアプリケーションや、複数スレッドでMILデータを共有する単一のMILアプリケーションを開発できます。MILは、共有MILデータにアクセスし、同じMILリソースを使用する複数のスレッドが互いに干渉しないように保証するメカニズムを提供します。また、アプリケーションの移植性を高める、プラットフォームに依存しないスレッド管理も提供します。

サポートするデータ形式

MILでは、1、8、16、32ビットの整数型と、32ビットの浮動小数点型で保存されたモノクロ画像などのデータを操作できます。また、パックドまたはプレーナーのRGB/YUVフォーマットで格納したカラー画像も取り扱うことができます。データ種別間の変換を効率的に実行できるコマンドも含まれています。

柔軟で信頼性の高い画像キャプチャ

アナログ、Camera Link®、USB3 Vision、GigE VisionTM、IEEE 1394 IIDC、SDI 、CoaXPressなど、ビデオのフォーマットはかつてないほど多様になっています。MILはこれらのインターフェースをすべてサポートし、Matrox Imagingまたはサードパーティのハードウエアを介して直接取り扱うことも、サードパーティのSDKと連携して取り扱うこともできます。MILは、標準、高解像度、高速レート、フレームオンデマンドカメラ、ラインスキャナー、スロースキャンデバイス、カスタムデバイスなど、カラーまたはモノクロソースからキャプチャした事実上すべての画像を取り扱うことができます。

より正確で迅速なレスポンスを得るため、MILはオペレーティングシステムのカーネルモードで、マルチバッファによる画像のキャプチャ制御を実行できます。HMI管理、ネットワーク処理、ディスクへのアーカイブなどでホストCPUの負荷が高いときでも、画像キャプチャは1秒当たり千単位のフレームレートでの計測を保証します。マルチバッファメカニズムは、処理時間がキャプチャ時間を超えることがある状況でもキャプチャと処理を同時に実行できるコールバック関数をサポートします。

GigE Vision™のサポート

GigE Vision<sup>™</sup>

GigE Visionインターフェース用に、MILは下層のハードウエアを最大限に活用し、CPU使用率を低く抑えながら、すぐに処理できる画像を用意するドライバーを提供します。このドライバーはオペレーティングシステムのネットワークスタックと共存し、GigE Visionが他の通信プロトコルとリンクを共有できる ようにします。
ドライバーはGenICam標準機能名規則に従って、必須、推奨およびカスタム機能のサポートを実装し、カメラの真の互換性を実現します。これらの機能を直接管理するために、機能一覧と専用の読み取り/書き込み関数も提供します。

MILはGenICam標準機能への直接アクセスを 提供

MILはGenICam<sup>™</sup>標準機能への直接アクセスを 提供

画像の保存とロード

MILでは、個々の画像または画像シーケンスをディスクに保存しロードできます。サポートするファイル形式は、AVI、BMP、JPG、JP2、MIM、PNG、TIF、RAW形式です。

簡素化された画像表示

MILは複数のモニターにわたる画像表示の管理が可能

MILは、スキャンレートでの画像表示ウィンドウの移動と更新など、透過的な画像表示管理を提供します。また、ユーザが指定したウィンドウで画像を表示することもできます。さらに、MILは、独立した複数のウィンドウまたはモザイク配置の単一ウィンドウでの、複数のビデオストリームのライブ表示をサポートします。また、MILは、非破壊的なグラフィックオーバーレイ、ティアリングの影響の抑制、スキャンレートでの表示領域の塗りつぶしを提供します。これらの機能はすべて、適切なグラフィックスハードウエアを使用することで、ホストCPUにほとんど干渉せずに実行できます。
MILでは、拡張デスクトップモード(複数のモニターにわたるデスクトップ)、補助モード(デスクトップを表示しないMIL表示専用のモニター)、またはその両方の組み合わせによって、マルチスクリーン表示を構成することもできます。マルチスクリーン表示構成は、Matroxまたはサードパーティのグラフィックスボードを使用して実現できます。

MILの画像表示機能ではCPUオーバーヘッドがほとんどない

MILの画像表示機能ではCPUオーバーヘッドがほとんどない 

画像注釈作成

MILには、グラフィックスとテキストによる画像注釈を作成する機能が含まれています。開発者はカスタマイズした注釈を適用することも、画像処理および解析の結果を画像に重ねて表示することもできます。

ドキュメントとサンプル

MILには総合的で検索が容易なドキュメントが付属

MILのオンラインヘルプ機能は総合的で検索が容易です。また、使用する環境に合わせてカスタマイズすることもできます。広範なプログラム例は、開発者がMILを短時間でマスターできるように支援します。

アプリケーション開発

MILは、アプリケーション再配布のために柔軟なライセンスモデルを提供しています。アプリケーションの実行に必須のコンポーネントにのみライセンスが必要になります。ライセンスはハードウエアトークンまたはアクティベーションコードとして付与されます。MILのインストールをエンドユーザから隠すこともできます。

.NET開発

MILには、マネージドコードの Visual Basic®とVisual C#®を使った.NET Frameworkを含んだWindows®アプリケーションを開発するための低オーバヘッドAPI層が含まれています。

MIL-Lite

MIL-Lite

MIL-LiteはMILの簡易版です。MIL-Liteは、画像のキャプチャ、注釈作成、表示、アーカイブのためのプログラミング関数を備えています。また、算術演算、ベイヤー補間、カラー空間変換、デインターレース、テンポラリフィルタリング、基本的な幾何学変換、ヒストグラム、論理演算、LUTマッピング、しきい値処理のための高速な演算子も含まれています。MIL-Liteをご使用の際には、Matrox Imagingハードウェアまたは追加ライセンスが必要となります。