学内情報発信の窓口となる「ポータル」をクラウドサービスで提供

オンプレミス型「in Campusシリーズ」の「ポータル」の機能や使い勝手をそのままクラウドへ移行し、違和感なくスムーズな操作を可能
にしました。また、新たに標準メニューとオプションを切り分けて開発しているので、必要になった機能を必要なタイミングで追加するこ
とができます。

貴学の環境や用途に合わせた機能をパズルのように選び、初期費用を抑えながら学内の「伝えたい」をかなえることができます。

  • 内の情報が散逸しており、必要な情報にたどりつかない。
  • 複数システムにおいてお知らせが発信されており、どのサイトを見れば良いかが分からない。
  • インフラの運用コストが増大になっている。
  • 学内の各種情報が一目でわかるお知らせ、カレンダー、アンケート、各種リンクなどがポータルサイトに表示され、学生は学内の情報を一つの画面で確認することができます。
  • 学内システムのお知らせを集約学内で使われているLMSや教務システムなど各種システムから発信されるさまざまな「お知らせ」をポータルサイトに一括して表示させることができ、かつ個人宛を優先表示、3日以内には「NEW」や未読のアイコン表示などにより情報の受信漏れを防ぐことができます。
  • 全学イベント・アンケート集計が可能お知らせと同様に対象者を設定して、オンラインで記名・匿名それぞれのアンケートを実施することができ、結果を円グラフ、棒グラフ、表で表示することができます。
    さらにイベントの参加申し込み等にもご利用いただけます。

お知らせ

情報発信を一元化しカテゴリ分けすることで、学生に必要な情報を確実に届けることができます。
また、オプションメニューのLINE連携を利用すると、お知らせをLINEで通知することが可能となります。

必要なオプションを必要な時に追加

標準メニュー以外にも多くのオプション機能をご用意しておりますので、必要な機能を必要な時に追加することが可能です。

シームレスな複数システム利用

in Campus LMS Cloudと同時にご利用頂く事で、
シームレスな操作感を実現し、LMSのお知らせをポータルに集約することが可能となります。

in Campus ポータル Cloud基本機能一覧

機能要件 機能内容
1 お知らせ カテゴリ毎に分類されたお知らせを表示
2 アンケート 記名・匿名形式のアンケート機能
3 リンク 学内各システムへのリンクを表示録
4 カレンダー カレンダーへのスケジュール表示
5 個人設定 表示言語の変更やお知らせの通知先設定

in Campus ポータル Cloudオプション機能一覧

機能要件 機能内容
1 LINE通知 システム上のお知らせをLINEで通知
2 ユーザー認証連携 学内ユーザー情報を連携
3 教務システム連携 教務システムから学生、教員、授業、履修データを連携
4 SSO連携 学内Idpサーバーとの認証を連携
5 RSS連携 サイトの最新記事をリアルタイムに表示

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 文教私たちは、ICTサービスを通じて質の高い教育環境の実現に貢献していきます。

この製品に関連する製品

  • in Campus IR 主体的な学びのための教学マネジメント構築を支援 in Campus IR ソリューション
  • in Campus Print マルチOS環境での学生の印刷実績を一元管理
  • in Campus LMS Cloud 学びのICT化を支える「LMS」をクラウドサービスで提供
  • 教育支援情報プラットフォーム キヤノンITソリューションズの独自開発による教育支援情報のプラットフォーム「in Campus シリーズ」
  • in Campus Scan AIを活用した教育機関向け授業支援ソリューション
  • in Campus Device 複数OS環境 × マルチデバイス運用に必要なあらゆる機能を集約したクライアントソリューション
  • Moodle構築・運用支援サービス 世界の教育機関で、もっとも利用されているMoodleを使ったLMS環境の提案から保守までワンストップで提供

この製品に関するトピックス