危険体験

このような悩みはございませんか?

  • 安全な環境で危険を伴う作業の実技教育を行いたい。
  • 実際に危険を体験する教育はできない。
  • フルCGでは細かい作業が再現できず、技術が習得できない。
  • 失敗した動きを後から確認したい。

従来手法の限界、技術的課題

  • 危険体験用VRコンテンツの準備に時間・コストがかかり、何度も作ることが難しい
  • VRやARは、実物や手の詳細を動きを組み合わせた表現に限界がある。

MREALが実現します

  • 現場・現物を併用することで、コンテンツの準備時間や作成工数の大幅な短縮ができます。
  • 現実では困難な場面(落下、挟まれ、感電など)の体験ができる教育コンテンツを作成し、労災ゼロに向けた教育ができます。
  • 実際の工具や踏み台などを組み合わせた利用が可能。また、自分の手や足元、周囲を見ながら体験することができ、VRとは違った安全で臨場感溢れた体験教育ができます。
  • 視線や姿勢などを記録することで、失敗した作業の振り返り、分析を行うことが可能です。

危険体験の実現イメージ1

危険体験の実現イメージ2

関連動画

工事現場の落下事故体験