ホーム > ソリューション・製品 > テレワーク > テレワークサポーター

テレワーカーの勤務を見える化し、顔認証で”覗き込み”や”なりすまし”を防ぎます。

働き方改革の実現に向けて、テレワーク制度を導入する企業が増えています。「テレワークサポーター」は在宅勤務やサテライトオフィスなどの遠隔地でのテレワーカーの勤務実態を見える化します。また、顔認証により”覗き込み”や”なりすまし”を検知し、重要な情報を守ります。 テレワーカーと企業双方の負荷を軽減し、安心・安全な業務の実現を支援するクラウドサービスです。

テレワークサポーターは、テレワーカーのPCにインストールされたエージェントモジュールからカメラ画像とPC画面をサーバへ送信します。勤務管理者や他のテレワーカーはサーバに蓄積された勤務状況や仕事内容を確認することが出来ます。
  ①エージェントモジュールはカメラ画像を解析し、在席・不在などプレゼンス状態と勤務時間をサーバに送信します。
  ②”のぞき込み”や”なりすまし”などの不正利用の情報はカメラ画像とPC画面を合わせてインシデント情報として蓄積されます。
  ③勤務情報やインシデント情報を監査・集計・分析することで、業務改善や問題解決に活用できます。

サービス概要イメージ

  • テレワークを推進したいが、在席状況がわからなくなることに不便を感じている。
  • テレワーカーの長時間労働につながっていないか、気になる。
  • テレワーカーの勤務実態を見える化して、仕事量の最適化や業務改善につなげたい。
  • テレワーク時の”なりすまし”や”のぞき込み”などセキュリティインシデントを防ぎたい。
  • テレワーク制度の評価・検証のため、大きな投資をせずに導入したい。

テレワーカー側

・勤務予定入力
・勤務内容(タスク)入力
・異常時ブラインド
・勤務時間訂正

勤務管理者側

・インシデント(のぞき込み・なりすまし)の検出と通報
・テレワーカーモニタリングレベル設定
・テレワーカー画像承認
・勤務実績のCSV出力
・勤務実績の分析

製品名 価格(税別)
5ユーザー年間ライセンス使用料 ¥120,000
10ユーザー年間ライセンス使用料 ¥240,000
30ユーザー年間ライセンス使用料 ¥684,000
50ユーザー年間ライセンス使用料 ¥1,080,000
100ユーザー年間ライセンス使用料 ¥1,920,000
初期費用(1システム当たり) ¥20,000
  • 上記、ライセンス単位での販売となります。
  • ユーザーライセンス数は登録数の上限です。
  • 年間契約を前提としており、途中解約による返金は行いません。
  • 本価格表は参考価格であり、実際の販売価格は、各販売店が自主的に決めるべきものとなります。
    正式なお見積りについては、当社もしくは販売パートナーまでお問い合せください。

トライアルお申込みをご希望されるお客さまは、下記リンク先のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
詳しいご案内を差し上げます。
※お申込みは自社利用を目的とした企業様に限らせて頂きます。お客様へのご提案などのご相談は通常のお問い合せフォームよりお問い合せください。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • テレワーク テレワーク導入に伴う課題をITの力で解決します

この製品に関するコラム

ホーム > ソリューション・製品 > テレワーク > テレワークサポーター