mcframe PCMでは高度なコストマネジメントのためのPDCA基盤を提供します

グローバル競争に打ち勝ち、利益を確実に確保していくためには、原価を的確に把握し、迅速な意思決定を支援するための仕組みが必要です。mcframe PCMでは、4つの原価計算とPDCAサイクルの構築により、財務のための原価計算からビジネス戦略に役立つ原価管理への転換をサポートします。原価シミュレーションのほか、製品・得意先別の利益分析や期末着地見込などの管理会計機能により、利益体質の強化を実現します。

高度なコストマネジメントのためのPDCA基盤

部門別PDCA

  • 原価要素別または部門別の原価管理しかできていない。
  • 販管・固定費を製品別に配賦できていない。
  • 原価要素が材料費、労務費、経費の3種類しかない。
  • 月次原価計算・決算処理の作業負荷が高い。
  • 原価情報を分析、経営判断に活用できます販管・固定費を製品別に配賦し製品別損益を把握します。また原価要素を細分化し、原価差異発生時の原因を把握します。それにより製品別原価計算が実施できます。
  • 原価計算を行う作業負荷を軽減します設定済みの原価計算方法に則り、生産実績と経費実績を入力するのみで毎月の原価が自動計算されます。生産・販売・財務との自動連携により作業負荷が軽減されます。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 基幹システムAvantStageならベスト・オブ・ブリード型の基幹システム導入で財務/管理会計・生産管理/計画・販売物流/購買管理・需給計画の課題を解決
  • SCM企業間での受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や製品の需要変動に対応する全体最適を進めるソリューション

この製品に関連する製品

  • mcframe AvantStageにおける生産管理・原価管理・販売管理をカバーするソリューション mcframe