ホーム > 事例紹介 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > コスト削減事例一覧 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > MR > 導入事例 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > MR > 導入事例 > トヨタ自動車株式会社様

トヨタ自動車株式会社様

生産設備導入前に、生産ラインのメンバーが作業性や安全性を徹底チェック。MREALが新たな「気づき」をもたらした。

  • システム開発工数の削減
  • 試作レス・検品レス
  • コスト削減
  • リードタイム短縮

生産設備は生産効率や製品品質だけでなく、その生産業務の安全性をも大きく左右する。
トヨタ自動車株式会社では、設備導入に先立ち、作業性や安全性、作業者の姿勢負荷などを徹底的に検証する。
しかし、検証時には生産設備の現物は無いことから、ヴァーチャル空間での検証手法が大きな課題だった。
3次元CADを使えば視点の移動は可能だが、実際の操作を体感的に理解することは難しい。
そこで注目したのがMixed Reality。
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)のカメラで自分の手や周囲のリアルな風景を取り込み、これにヴァーチャルな設備画像をリアルタイムに合成。
実際の作業手順を身振りでロールプレイすることで、生産設備に対する新たな「気づき」が可能になった。

導入ソリューション

MREAL

導入いただいたソリューション・製品

  • 事例や製品に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 業種別から探す > 製造業事例一覧 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > コスト削減事例一覧 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > MR > 導入事例 > トヨタ自動車株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > MR > 導入事例 > トヨタ自動車株式会社様