Windowsベース カラー対応画像処理ソフトウェア

RobustFinderは、カラー画像にも対応した画像処理および解析用に特別に設計された画像処理ソフトウェアです。従来ブラックボックスであったパターンマッチング手法のアルゴリズムを公開することで高いオープン性を有し、ユーザのニーズに的確に対応することで、最適な画像処理システムの構築をサポートします。

  • 画像処理構築に課題を抱える技術者の方
  • 画像処理システムを迅速かつ容易に構築。 製造工程をはじめ多彩な業務の省力化・効率化を実現RobustFinder は、カラー・モノクロ画像対応の汎用画像処理機能およびコード認識を搭載したStandardと、文字認識(OCR)機能と文字照合(OCV)機能、カラー検査を追加したProfessional の2 つのラインアップがあります。

画像変換

前処理に必要なフィルタ処理(ノイズ除去など)の変換処理や、画像の輝度を変化させる処理、モノクロ画像を異なる色空間に変換する処理など、 画像処理ユーティリティを豊富に搭載しています。

位置決めパターンマッチング

位置決め処理を行います。 RobustFinderは、テンプレートマッチングのアルゴリズムに正規化相関を利用しており、 アルゴリズムをオープンにすることでサーチ手法が明確になっています。 また、正規化相関だけでなく、マッチングアルゴリズムは、 低コントラストサーチ、標準形状サーチなど7種類の機能を搭載しており、 GUI上でリアルタイムに検証することが可能です。

計測

部品の寸法の計測や、円の大きさを測ったりする際に画像計測処理を使用します。 周期的なノイズの除去や細線化された画像の円を抽出する際にも画像変換処理を使います。

認識/検査

画像から文字やバーコードを読み取る際に画像認識処理を使用します。 物体の色(色の一致度など)検査や、物体の欠け・キズなどの外観検査に画像検査処理を使います。

スクリプトからのソース自動生成

一連の流れをスクリプトファイルに登録/実行する事で検証時間を短縮できます。 また、生成したスクリプトからソースコードに変換することができます。

検証用ツール

検証用ツールは、画像の取り込み・保存・処理を行うために、インタラクティブに画像を取り扱えるように設計されたハードウェアに依存しないアプリケーションソフトウェアです。32ビット、64ビットのWindowsベースのパッケージであり、強力な機能と使いやすいGUIを兼ね備えています。また、開発者はソースコード自動生成機能を利用し、効率的に画像処理システムを構築できます。

システム構築フロー

ソースコードを自動的に生成できるため、高度なプログラミング知識がなくても 簡単に画像処理システム構築の支援を行うことができます。

ベンチマーク

Microsoft Windows 7 環境下にて512 X 512 X 16Bit画像を対象に処理
<プロセッサ : Core i7-2600 3.4GHz>

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

この製品に関連する製品