ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > LuxFlux > 成分の定量化「薬剤成分の定量」

成分の定量化「薬剤成分の定量」

【測定】業界:医薬品/対象:錠剤

製造業では、対象に含まれる成分の量を計測・監視したい、という一般的な課題があります。
例えば、同じ成分を含む薬剤でも、大人向けの分量を子供に投与するなど、量を間違うと重大な事故を引き起こしかねないためです。
こうしたリスクは、LuxFluxのハイパースペクトルイメージング(HSI)により、薬剤に含まれる成分量をリアルタイム測定することで回避できます。
本件では、NIR/SWIRのハイパースペクトルカメラで坐剤を撮像し、解熱鎮痛坐剤に含まれる、パラセタモールの成分量(125mg,250mg,500mg,1000mg)を、PLSを用いて測定するプロセスについてご紹介します。
*部分的最小二乗回帰

成分の定量化

背景のマスキング:閾値を設定してマスクすることで、背景と坐剤を分離します。

背景のマスキング

スペクトル処理:パラセタモールは、近赤外分光法で1,100nm付近に吸光を示すため、1050-1230nmに処理波長範囲を限定します。次に、高周波成分を維持しながら平滑化を行いノイズ成分を除去します。
さらに、平均値が0、標準偏差が1となるよう正規化することで、坐剤の3次元構造が原因で発生するスペクトルの強度の違いを排除します。

スペクトル処理

グループの割当て:既知のパラセタモールの成分量から、上図のようにグループを割当てます。

グループの割当て

パラセタモールの量を可視化:グループ色を指定し、散布図と、処理画像を表示します。
これで、パラセタモールの量を可視化することができます。

関連動画

動画タイトル 内容 再生時間 視聴申し込み
ハイパースペクトルカメラで薬剤成分の含有量測定(説明) 鎮痛剤(パラセタモール)の坐薬を撮影したデータから「fluxTrainer」を活用して成分量を測る際の処理方法をご説明いたします。 4分14秒

動画視聴申し込み

坐薬の含有成分定量化(操作デモ) 坐薬の含有成分定量化のプロセスを実際の操作画面でご説明いたします。 8分4秒

動画視聴申し込み