luxflux

ハイパースペクトルイメージングのスペシャルコンテンツ
(画像クリックでハイパースペクトルイメージングの紹介ページが開きます)

幅広い分野で活用されている、産業用ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア

LuxFlux社は、ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術を中心としたデータ処理を行う、「産業用」スペクトルデータ処理のリーディングカンパニーです。

日本のハイパースペクトルカメラ市場はこれまで、学術・研究開発向け中心でしたが、ここ数年、活用に向けて自社設備として検討を進めたり、装置への組み込み・販売をされる先進的なお客さまが増えています。

それに伴い、ハイパースペクトルカメラから出力される膨大な情報を処理する産業用ソフトウェアがますます重要になります。

LuxFlux社の産業用ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術によって、数多くの産業用途で、スペクトルイメージングを「できる」から「使える」にステップアップします

  • 半導体、ディスプレイ、フィルムなどの膜厚測定、塗布のムラ判定
  • 食品・医薬品・化粧品など成分量の測定
  • 衣服、繊維などアパレル製品の素材分類
  • ICカード等のトレース、紙幣など印刷物の着色剤分布
  • 精密農業や環境保護に対するリモートセンシング
  • モデル学習環境「fluxTrainer」ハイパースペクトルカメラで撮像した大容量データの読み込み、GUIによる波長分類処理(特徴的なスペクトル抽出)の構築、機械学習による学習モデル生成、およびモデル検証を行えるソフトウェア。

    従来困難とされてきたハイパースペクトルデータに含まれる何百という波長の膨大な光学情報を、網羅的に処理することができる。機械学習を用いたモデル学習が可能なため、ユーザーの検証作業は容易でデータサイエンティストは不要。
  • モデル実装環境「fluxEngine」「fluxTrainer」で生成した学習モデルをもとに、リアルタイムで実行するアプリケーションを作成するSDKとそのランタイム。 また、キャリブレーションや対象の位置補正、コントローラやPLC(programmable logic controller)との連携も可能。
    生産・検査ラインで得られた結果をチューニングできるため、従来の研究用解析ソフトでは考慮されていなかった生産現場の業務でもスムーズに活用可能。

データキューブ(ENVI_Cube)ファイル入力、およびハイパースペクトルカメラ入力に対応可能

対象の分類・定量化に加え、干渉技術を活用した計測機能を搭載

簡単なUI操作で機械学習による分類・計測用モデルの生成可能

インライン実行用ツールによるリアルタイムでの分類、測定が可能

「プッシュブルーム」「チューナブルバンドパスフィルタ」「スナップショットモザイク」のいずれの方式のハイパースペクトルカメラにも対応可能

Windows、Linux、MacOS 64bit ⇒ 多様なOSに対応

Intel、AMD、ARM ⇒ PCからエッジ環境までを幅広くカバー

「fluxTrainer」ハイパースペクトル評価サービス

お客さまの検査対象(サンプルワーク)をお預かりし、ハイパースペクトルカメラを使って撮像します。取得したデータをモデル学習環境「fluxTrainer」で解析し、分類(異物・良否)、色測定、成分定量、膜厚測定など、ご希望の評価を行います。「fluxTrainer」による学習データ(プロジェクトファイル)と、結果をまとめたレポートを提供するサービスです。

ハイパースペクトルカメラ

高解像度・高速・小型軽量な、産業用ハイパースペクトルカメラです。ワークを搬送しながら撮像・計測が可能なプッシュブルーム方式で、高速かつ汎用的なUSB3インターフェースを採用しています。レンズはフレキシブルなC-mount対応。レンズ交換により画角や測定距離の調整が可能なため、設備への設置が容易です。産業用スペクトルデータ処理のリーディングカンパニーLuxFlux社製、モデル学習環境「fluxTrainer」をバンドルし、スペクトルイメージングを「できる」から「使える」にステップアップします。