産業分野で活用するハイパースペクトルカメラとデータ処理ソフトウェア

LuxFlux社は、ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術を中心としたデータ処理を行う、「産業用」スペクトルデータ処理のリーディングカンパニーです。

日本のハイパースペクトルカメラ市場は大学・研究開発向けが中心で、産業向け市場は今後、伸びると予測されており、同時にハイパースペクトルカメラから出力される膨大な情報を処理する汎用ソフトウェアの市場においても今後需要の高まりが予想されています。

LuxFlux社の産業用スペクトルイメージング技術は、数多くの産業用途でスペクトルイメージングを「できる」から「使える」にステップアップします。

  • ハイパースペクトル イメージング技術を活用して、製品検査をされたい方
  • 統合ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア従来、ハイパースペクトルイメージング技術は対象物の「分類」を中心に活用されていましたが、LuxFlux社製統合ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェアは「分類」用途に加え、薄膜の厚さや、薬や食品など対象物の成分量を「測定」できるため、今まで難しいとされていた、半導体、フィルム・素材、FPDなどの製品検査で活用することができます。
  • ハイパースペクトルカメラ豊富なサンプリング画素数を持つ産業用途の小型軽量カメラで、高速かつ汎用的なUSB3.0インターフェースを採用しています。レンズはフレキシブルなC-mount対応で、レンズ交換が可能です。モデル学習環境「fluxTrainer」をバンドルされています。