ホーム > ソリューション・製品 > 3Dソリューション > SOLIDWORKS > SOLIDWORKSオンラインセミナー動画

SOLIDWORKSオンラインセミナー動画


【SOLIDWORKS】
過去に実施したオンラインセミナーを見逃した方、もう一度視聴したい方へ。YouTubeでお届けいたします。

3D CADを始めたい、2D CADから脱却したい(3D CAD入門編)

これから始める 3D設計! 基礎編① ~ もう2Dには戻れない。 SOLIDWORKSで3D設計ができるようになる。~
「これから始める 3D設計!」シリーズ第一弾!現在2D CADで設計されていらっしゃるお客様で、なかなか3次元設計に踏み込むことができない、3D CADが定着しないといったお悩みを抱えていらっしゃる全てのみなさまへお届けいたします。3次元設計を始めるにあたり、何が問題となるのか、それら問題をどのように解決すれば良いのか、の第一歩を、キヤノンのお客様で3次元設計ビギナーのお客様から蓄積させていただきました経験をもとに、基礎の基礎からその解決方法をわかりやすくご紹介いたします。
動画
基礎編② ~3Dだから設計変更が楽。 SOLIDWORKSで設計効率アップできる~
「これから始める 3D設計!」シリーズ第二弾!「基礎編①」で触れた図面に関するお話をいたします。みなさまは設計変更のとき、図面の書き換えをどのように実施していますか?製造・加工情報を協力会社様にどのように伝えていますか?3D CAD SOLIDWORKSだからできる解決方法を引き続き基礎の基礎の内容でわかりやすくご紹介いたします。第1回に参加されていない方も期間限定で動画確認できます。是非、ご参加ください。
動画
基礎編③ ~もう2Dには戻れない。 SOLIDWORKSで3D設計ができるようになる~
現在2D CADで設計されていらっしゃるお客様で、なかなか3D設計に踏み込むことができない、 3D CADが定着しない、といったお悩みを抱えていらっしゃる全てのみなさまへお届けいたします。
導入前に打ち克つべき、設計の3D化を阻むもうひとつの“3D”とは?そしてこれまでの図面を使っていた業務は、3Dを導入することでどうなってしまうのか?3Dデータを使うとどんな“いいこと”があるのか?(パース図が簡単に書けるだけなのでは!?)“初めての3D CAD導入” から “3Dデータの全社展開” に至るまで、お客様と共に歩んできた我々キヤノングループが、長年の経験をもとに、3D CAD導入を進めるヒントと勇気とパッションを提供いたします。
動画
3D設計を始めるメリット! 基礎編① ~だから3Dが必要!SOLIDWORKSなら手戻り軽減、コストを削減!~
3D設計のメリットは、設計段階でのデザインや機構、強度が3Dデータで検証でき、試作回数の削減や設計変更に伴う手戻りが大幅に軽減できることです。リードタイム短縮、コスト削減を実現できるSOLIDWORKSによる効果をわかりやすくご紹介します。
動画
基礎編② ~ 3Dを活用するとテクニカルイラスト作成が楽々! SOLIDWORKSで効率化!~
3D設計のメリットは、設計情報や部品調達に関する情報を3Dデータで連携し、活用できることです。3Dデータを利用して納品指示書、製品マニュアル、組立手順書といったデジタルコンテンツを簡単に作成できるため、イラスト作成の手間を各段に効率化できます。SOLIDWORKSによる効果を事例を交えてご紹介します。
動画
見て聴いて触ってみよう!お試しSOLIDWORKS! パート① ~3D CAD「SOLIDWORKS」をまずは、オンラインで試してみよう!~
3D CADは難しい、ハードルが高いと思っていらっしゃる方、必見です。「SOLIDWORKS」を簡単に試せる「オンライントライアル」があります。登録から起動までの手順をオンラインセミナー形式でご覧いただけます。
さらに初心者向けのサービスを「MySolidWorks」からピックアップしてご紹介いたします。
「SOLIDWORKSオンライントライアル スタートアップガイド(新規お客様向け)」PDFでダウンロードいただけます。
動画
パート② ~オンラインのSOLIDWORKSで3Dモデルを作成してみよう!~
パート①でSOLIDWORKSの「オンライントライアル」を試していただきました。もう少しステップアップして3Dモデル作成のヒントをご紹介します。2Dから3D へ移行するときに陥りやすいポイントなどを説明しながら、3D CADへの移行を促進していただけます。
動画

3D設計から解析まで行って工数短縮を図りたい(Simulation編)

SOLIDWORKSによる設計者解析
-入門編-
何度も試作品を作り、実物試験の結果また作り直し、、設計期間が短くならない、残業も減らない、、というお悩みは解析で解決しませんか?
でも、、解析って難しい?設計にどう役立てるの?どんな効果があるの?といった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。本Webinarでは、設計者様が (解析専任者の力を借りずに) 解析を利用できるのか?また設計者が独自に解析を行うメリットとは?という視点で、線形静解析および機構解析を中心に解析導入に向けた基礎の基礎を22分でお伝えいたします。

解析導入によって、試作回数を低減したい、開発工数を短縮したい、解析ノウハウを貯めていくことで会社全体としての設計品質の向上を目指したいという方、また解析を行うために3DCADを導入しようかな、、という方にも必見の内容です。設計試行錯誤はCADで時間とお金を掛けずに行いましょう。
動画

樹脂製品製造の効率化を図りたい(Plastics編)

”作ってしまう”前に知る樹脂成型の品質!(基礎編) ~ 「SOLIDWORKS Plastics」を使った樹脂製品製造性の確認 ~
「このデータ、来週まで試作品作って。」そんな依頼を受けて作ったプロトタイプ。ヒケやウェルドライン、反りが入ってしまうこと、ありませんか?
納品スケジュールはもうそこまで。「何か解決案はないか?!」高価、難解だとあきらめていた樹脂流動解析が、SOLIDWORKSならお手頃な価格と簡単なステップで利用できるんです。その解決方法となる「SOLIDWORKS Plastics」を、22分間で紹介いたします。
動画

設計製造のドキュメント管理について知りたい(PDM編)

設計製造ドキュメントの上手な管理 製品に関わるドキュメントデータ、いろいろありますよね?
開発企画書、3次元データ、図面、部品表、組立て指示書、モノづくりでは製品のライフサイクルに沿って、数多くのドキュメントが、様々な部門や担当者によって作成され、変更されていきます。そんなドキュメントの管理と、ファイル名やフォルダの”セキュリティ” を使って”戦って“ いませんか?
次工程に渡すべき図面はどれなのか? その設計データは承認済みか、作成中なのか、関係者の皆さんは、全員理解できているでしょうか?
「社内トレーニングをしっかりやってるから大丈夫」? でもその先生、そろそろ定年かも…。製品の一部が変更された時はどうでしょう? その製品が使われている他のドキュメントをモレなく“残業なし”で探せていますか?
実は、これらのドキュメント運用の課題をすべて解決し、すべてのドキュメントが秋の実りのように、美味しく活用できるように変わる!そんなコツがあるんです。 このウェブセミナーでは、そんなデータ管理の”究極のコツ”である”PDM”について紹介いたします。
動画

3D単独図は使えるのか確認したい(MBD編)

設計と製造を正しくつなぐ、3D単独図のすすめ ~これからの世界標準となる3D単独図はSOLIDWORKSで~
“3次元CADでモデルを作り、CAEで解析をし、データ管理システムで保存。 次の製造工程にもデジタルモデルを渡すが、忘れちゃいけない、図面の添付…。“ 多くの会社様が“ものづくりのデジタルワークフロー”としているのはこのようなフローです。 しかし、”デジタル化を進めたにも関わらず、革新的な改善を感じられない。” そんな話を聞くことがあります。それはなぜでしょう?
そうです、図面です。この図面が生み出す非効率性を解決するために3D単独図は誕生しました。 今、業界団体が取り組んでいる3D単独図にはどんな効果が期待できるのでしょうか? 動画をまじえながら3D単独図の基礎、取り組みなどを分かり易く説明いたします。
動画

組立指示書の作り方を知りたい(Composer編)

設計変更に対応できる、組み立て指示書の作り方 部門内や設計と製造部門間などでの情報共有のためにイラストや指示書などのドキュメント作成に案外時間がかかっていませんか?
3DCADデータがあれば、組み立て手順書やアニメーションを簡単に作成できます。 CADデータに変更があってもドキュメントの作り直しは必要ありません。 さらに写真品質のコンテンツを作成するツールまでラインナップされています。 各種コンテンツ作成にご興味のある方は、是非この機会に気軽に聴講ください。
動画

”リバースエンジニアリング”は何ができるのか確認したい

SOLIDWORKSで叶える ”リバースエンジニアリング” 5ステップ ~実物から3Dデータの作成はどのように実現できるのか?~
この製品、3Dスキャンし類似品を作成したい!そんな感覚になられたことはありませんか? キヤノングループでは、そのような「感覚」を「現実」のものにするためのオンラインセミナーを実施いたします!
①最新のポータブル3Dスキャナーよりデータを読み取り、②3D CADに素早く渡したら、③そのスキャンデータへ確実な寸法を付加し、④試作物として3Dプリンターにアウトプットし、⑤デザインレビューにまで持ち込む。この①~⑤までの工程を常日頃お客様に接しているスタッフから直接ご説明するとともに、キヤノンならではのノウハウから生まれるメリットを含め、22分間で「現実」に、容易に実現可能であることをわかりやすく解説していきます。「目から鱗」のSOLIDWORKSの基本機能、ぜひお確かめください。
動画

SOLIDWORKSの新バージョン情報

SOLIDWORKS2020 What’s Newセミナー ~CAD/CAE/PDMの新機能が短時間でわかる!~
2019年11月にリリースされた「SOLIDWORKS 2020」最新版。CAD,CAE,PDM他と新機能トピックスをわかりやすく紹介いたします。まずはオンラインセミナーに気軽にご参加ください。
① 概要:SOLIDWORKS 2020の見どころをご紹介
② CAD:パフォーマンスの改善、ワークフローの効率化、ツール間連携の強化の対応などの新機能紹介
③ CAE:更に使いやすく、また一歩実現象を正しく再現できるようになったSimulationとPlasticsの新機能紹介
④ PDM・その他:PDMでのデータ閲覧パフォーマンスの向上、進化したeDrawings VRなどの新機能紹介
動画
SOLIDWORKS2019 What'sNewセミナー 2018年11月にリリースされた「SOLIDWORKS2019」最新版。CAD,CAE,PDM別に新機能トピックスをわかりやすく紹介いたします。
① 概要:SOLIDWORKS2019の見どころをご紹介
② CAD:パフォーマンスの向上、大規模アセンブリモデル対応、図面作成機能強化への対応などの新機能紹介
③ CAE:トポロジースタディを中心とした新機能紹介
④ PDM:コンフィギュレーションやシートのプレビューによるUI対応アドイン製品との連携強化などの新機能紹介
動画