データ伝送量や処理量を大幅に削減できる、FPGA前処理搭載の高性能カメラ

LX-VAシリーズは、高精細カメラLXシリーズをベースに前処理用FPGAを搭載した高性能カメラシリーズです。

カメラに搭載されたFPGAを活用することで、PC側処理の負荷軽減や必要データへ絞り込みによる伝送量の削減などシステム全体の最適化を図ることが可能です。センサは、LXシリーズと同じく、高精細で高速性にも定評のあるCMOSセンサams Sensors Belgium社製「CMV」を搭載、解像度は4Mから20Mまで準備し、4M時の撮像フレームレートで29fpsを達成しています。
FPGA回路設計では、グラフィカルで直感的操作が可能なSiliconsoftware社製FPGA設計ツール「VisualApplet」を採用、処理中データの表示機能や設計へのフィードバック機能など柔軟且つ迅速なFPGA開発をサポートしています。

  • 速度要件が厳しく撮像含めシステム全体の高速化が必要な方
  • 画像処理用のFPGAチップを搭載したモデルをお探しの方
  • 最大解像度:20Mピクセル、最高フレームレート:74fps
  • モノクロ対応
  • C.M58マウント
  • 外部インターフェース(GigE)
  • デジタルIN×1、デジタルOUT×3
  • M8コネクタ、PoE
  • サイズ (横×縦×高)60×60×52.4~60×60×54.25 [mm]、290(M58-mount)~340g
  • 動作温度:5~50度、保護等級:IP40

GigE1)

カメラタイプ モデル センサーサイズ ピクセルサイズ
[um]
解像度[px] フレームレート
[fps]
モノクロ カラー 3D
LXG‒20.P 2/3” CMOS 5.5 × 5.5 2048 × 1088 140/55
LXG‒20.PS 2/3” CMOS 5.5 × 5.5 2048 × 1088 338/55
LXG‒40.P 1” CMOS 5.5 × 5.5 2048 × 2048 74/29
LXG‒120.P APS‒C CMOS 5.5 × 5.5 4096 x 3072 25 / 9
LXG‒120.PS APS‒C CMOS 5.5 × 5.5 4096 x 3072 60 / 9
LXG‒200 35mm CMOS 6.4 × 6.4 5120 x 3840 12 / 6
  • 1) バーストモード(カメラ内取込)| インターフェースモード

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

この製品に関連する製品