簡単にソフトウェアの組み込みを実現できる便利な機能を搭載したAPI

Baumer GAPIは、アプリケーションにカメラ機能を搭載する際に必要なAPIライブラリとインターフェース別ドライバ、さらにカメラの状態確認に便利なビューワツール「CameraExplorer」で構成されたソフトウェア開発キットです。

汎用性の高いPCプラットフォーム用及び、組み込み主流のARM系プラットフォーム用を準備しており、様々なシステムへのカメラ機能の搭載を可能としています。GigE Vision、USB Vision、GENiCAM、GenTL準拠のAPIと、インターフェース別に最適化されたドライバにより、非常にシンプルなコーディングで開発ができ、主要機能の1クリック実行やコマンドライン制御などユーザフレンドリな操作性をもつ「CameraExplorer」と合わせ、快適で効率のよい開発環境を提供しています。
また、撮像後に行う画像処理においてもパワフルでハイエンドな画像処理ライブラリ「MatorxImagingLibrary」や「RobustFinder」との親和性も高く、ストレスなく、高品質で高速なシステム構築が可能です。

  • GigEVision/USBVisionカメラを用いプログラム開発を行いたい方
  • X86/X64系Windows・Linux/ARM系Linux環境にて開発を行いたい方
  • 簡単な操作ツールでカメラの撮像確認や設定を行いたい方
  • 標準インターフェース規格 GenlCam, GenTL準拠
  • GigE、Dual-GigE、USB3対応
  • Windows 7/8/10 & Linux 32bit/64bit対応
  • ARM系プラットフォームLinux対応
  • C++/C#用ライブラリ
  • 簡単で便利なカメラ使用ビューワツール「CameraExplorer」

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

この製品に関連する製品