産業オートメーション向けIoTソフトウェア プラットフォーム

AVEVA独自の分散コンピューティング フレームワークにもとづくサーバー製品。SCADAやMESなど多くのAVEVA製品の実行基盤を提供します。

AVEVA Application Server ベースのシステム構成

AVEVA Appliation Serverベースのシステム構成

AVEVA Application Sever(アヴィバアプリケーションサーバー)は、AVEVA System Platform の中でも最も重要なソフトウェアで、AVEVA 製品をベースとした産業オートメーション システムを構築するための中心となるサーバー製品です。
AVEVA Application Server の根幹にあるのは設備や機能などのモデル化概念をベースとしたシステム構築で、これを導入することでシステムの開発、導入、実行、保守といったすべてのフェーズで高い効率性と TCO の削減を実現することができるようになります。

  • データ点数が多く複雑な大規模システムでも、効率的に開発や管理ができる仕組みがほしい。
  • アプリケーション資産の標準化を図って再利用性を高めて、システム開発変更にかかるコストを抑えたい。
  • システムの稼働を止めたくない。操業中の可用性確保はもちろん、メンテナンス時もできれば全停止は避けたい。
  • 拡張性・保守性に優れたオブジェクト指向ベースでの開発・従来のタグ変数中心ではなく、設備・機器等を「オブジェクト」として定義・管理します。オブジェクトは各種属性(プロパティ)や機能(スクリプトやグラフィック)などを持つものとして実装されます。

    ・オブジェクトは親子関係を持ち、親の機能が子に継承されるとともに、子側で独自の拡張を実装することもできます。これにより、オブジェクトの効率的な開発や変更が可能になります。
  • 分散コンピューティングによる堅牢かつ柔軟なシステム実行環境・オブジェクトをネットワーク上の実行ノードへ遠隔で配置(=デプロイ)することでアプリケーションを実行します。

    ・遠隔からのオブジェクトの追加・変更や配置変え(=拡張や分散)が可能です。この際にシステム全体を止める必要はありません。

    ・システムは共通名前空間を持ち、クライアントはデータの在り処を意識することなく、いつでもどこからでも必要なデータにアクセスできます(データアクセスの透過性)
    分散コンピューティングによる堅牢かつ柔軟なシステム実行環境

統合開発環境(IDE)による開発

統合開発環境(IDE)による開発

SCADAシステムの構築に必要な機能を設定できます。
(例)
・I/Oマッピング設定 ・内部変数定義
・アラーム条件の設定 ・AVEVA Historianへの履歴保存設定
・セキュリティ設定 ・スクリプト記述
・グラフィック割当て ・エンジンの冗長設定

スクリプトの実装

・独自関数に加えて、Windowsの.NETライブラリーも利用可能です。
・AVEVA InTouch HMIとの互換関数により、AVEVA InTouch HMIからの移行をスムーズに行えます。

オンラインでのデプロイ/アンデプロイによる遠隔管理

IDEで開発したオブジェクトを遠隔でランタイム用コンピューターへ
配置(=デプロイ)することでアプリケーションを実行できます。

冗長・高可用構成のサポート

冗長・高可用構成のサポート

オブジェクト実行エンジンや通信サーバー、AVEVA Historianを冗長構成にして、システム全体の可用性を確保することができます。

AVEVA Operations Management Interface(旧InTouch OMI)

先進のユーザー体験を提供するSCADAの最新進化形

AVEVA Insight

SaaS型の履歴データ管理活用サービス

OS対応表/データベース対応表/推奨ハードウェア環境

ご購入について

サポート

AVEVA製品のFAQやパッチを公開しています。

製品関連情報開く

この製品に関連する製品

この製品に関するトピックス

この製品に関連するITキーワード