企業間での受発注や在庫、販売、物流などの情報を共有し、原材料や製品の需要変動に対応する全体最適を進めるソリューション

SCM(Supply Chain Management)は、自社やその企業グループ、または、取引先企業の間での受発注や在庫、販売、物流などの各システムの情報を共有することにより、原材料や部品、半製品・製品の需要変動への最適化を図り、各企業や組織の壁を越え無駄を排除すると共に、売上の最大化、在庫の最適化、リードタイムの削減を全体最適で実現することにより、利益を生みだすソリューションです。

SCM概念図

SCM全体の概念図イメージ

  • 売上規模の最大化需要のある製品の在庫を切らさないように、サプライチェーンの各業務を連携し需給調整を行うことで、売上規模の最大化を図ります。
  • 需給計画による適正在庫必要以上の在庫を抱え欠品を防ぐのではなく、データに基づいた需要予測に基づく需給調整により、欠品や納期遅れを起こさない適正在庫を目指します。
  • リードタイムの削減需給計画に基づき、原材料の調達から、製品の生産、配送まで、製品をタイムリーに提供できるように、各システムを調整して、リードタイムの削減を目指します。
  • コスト削減在庫を最適化して、保管費用や不必要な輸配送を減らしコスト削減を実現します。また、輸配送にあたっては、最適化技術により、適正な配送ルート導き出すことにより、物流の効率化を実現します。