ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > LuxFlux > リサイクル異物混入検査「PET素材の異物検出」

リサイクル異物混入検査「PET素材の異物検出」

【分類】業界:リサイクル/対象:透明樹脂

ペットボトルは裁断・粉砕して、PET(PolyEthylene Terephthalate)ペレットにし、その後、ボトルや他の製品にリサイクルされます。
このPETペレットに異物(他の透明樹脂など)が混ざると、強度不足や見た目の悪化などの弊害が起こります。
LuxFluxのハイパースペクトルイメージング(HSI)技術により、線形判別分析(LDA)で波長成分を割り当て、透明樹脂をオブジェクトベースで分類・可視化することができます。

リサイクル異物混入検査事例

動画タイトル 内容 再生時間 視聴申し込み
PET素材の異物検出(説明) ペットボトルを粉砕したフレークに、他の透明プラスチックが混入した状態を撮像し「fluxTrainer」を活用して分類する処理方法をご説明いたします。 5分02秒

動画視聴申し込み

PET素材の異物検出(操作デモ) 異物を分類する処理方法を実際の操作画面でご説明いたします。 9分26秒

動画視聴申し込み