ホーム > ソリューション・製品 > マイグレーション > 第4世代言語/プリコンパイル言語からのマイグレーション

第4世代言語/プリコンパイル言語からのマイグレーション

IDLⅡ、COBOL/S、Natural、Easy等をCOBOLに変換します

IDLⅡ、COBOL/S、Natural、Easyといった4GL(第四世代言語)をCOBOLに変換します。変換後の保守性を落とさないように、極力わかりやすいソースとなるように変換します。
COBOL/Sについては、オープンシステム上でCOBOL/Sのまま使うことができます。部品やマクロを継続して使用することで、COBOL/Sの移行後の保守性を確保することができます。

  • IDLⅡやNaturalの技術者確保が困難になってきた。
  • メインフレーム上でIDLⅡをCOBOLに変換したい。
  • 移行先のオープンシステムでCOBOL/Sを継続して使用したい。
  • 4GLから保守性を考慮してCOBOLに変換。
  • COBOL/Sは、貴重な資産である部品やマクロをオープンシステムで継続して使用可能。
  • お客様資産に合わせた柔軟なカスタマイズが可能。
  • 現時点の変換ツールで対応しているアクションは表の通りです。
    (1プログラム中でのアクションの組み合わせは2アクションまで対応可能です。)
  • 1プログラム中での3アクション以上の組み合わせは、変換ツールのカスタマイズにより対応します。
  • ACOS上での変換、ACOS→オープンへの変換、双方において対応可能です。
  • 無償でサンプル変換いたします。

IDL2 変換

アクション ツール変換の実績(○:変換実績あり)
CONCATENAME 変換ツールカスタマイズにより対応可能
EDIT 対応可
JOIN CONDITION 対応可
JOIN SEARCH 対応可
MAINTAIN 対応可
MAINTAIN MLTIPLEX 対応可
ATCH DUPLICATE 対応可
MATCH UNIQUE 対応可
REPORT 対応可
SEPARATE 変換ツールカスタマイズにより対応可能
TOTALIZE 対応可
INQUIRE 変換ツールカスタマイズにより対応可能
INQUIRE MULTIPLEX 変換ツールカスタマイズにより対応可能
INTERACT 変換ツールカスタマイズにより対応可能
アクションレス 対応可

Adabas/Naturalをはじめとした実績のある自社製変換ツールをベースに、お客様要望にあわせてカスタマイズします。

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴

お客さまにある各種アプリケーション資産を機械的に変換します。

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴 -テスト支援ツール・性能試験ツールの充実-

  • 本番端末の操作内容をツールで採取⇒お客様のテストシナリオ作成工数削減します。
  • 高負荷状態を発生させることが可能⇒インフラリソースの妥当性検証が容易です。

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴(テスト支援ツール・性能試験ツールの充実)

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴(端末シミュレータのコントロール画面)

Adabas/Naturalマイグレーションの移行先プラットフォーム

AP資産をオープン系へ移行します

メインフレーム版、および、オープン版のAdabas/Naturalと、システム上の各種資産をお客様のご要望に応じたプラットフォームに移行します。

Adabas・Naturalからオープン系への移行イメージ図

分類 移行方式 移行先のプラットフォーム例1
(UNIX)
移行先のプラットフォーム例2
(Windows)
DB Adabas Oracle OracleまたはSQL Server
オンライン Natural
ニュークリアス
Web方式(J2EE方式) .NET方式
AP言語 Natural
COBOL
Micro Focus COBOL(マイクロフォーカス)
画面 NATURAL-MAP XML
JCL 該当なし Shell バッチファイル
コード体系 EBCDIC、SJIS SJIS

Adabas/Naturalマイグレーションの特徴-お客さま個別機能への対応-

主なAdabas/Natural特有機能 Natural COBOL等(*1) Adabas JCL(*2)
レポーティングモード
(レポート作成向け)
対応可 該当なし 該当なし 該当なし
ストラクチャードモード
(構造化プログラミング)
対応可 該当なし 該当なし 該当なし
オンライン会話処理 対応可 該当なし 該当なし 該当なし
オンライン画面再入力制御 対応可 該当なし 該当なし 該当なし
プログラム間データ連携 対応可 該当なし 該当なし 該当なし
結合インデックス
部分参照インデックス
対応可 対応可 対応可 該当なし
ISN(レコード通し番号) 対応可 対応可 対応可 対応可
繰り返しフィールド 対応可 対応可 対応可 対応可
動的SQL 該当なし 対応可 該当なし 対応可
  • ※1 Adabasを使用しているCOBOL等言語(ADASQLやダイレクトCALLでのアクセス方式)
  • ※2 Adabasユーティリティを使用しているJCLやバッチ制御言語

画像の見出し

プリコンパイル言語(COBOL/S)からのマイグレーション図

オープン化後も部品やマクロ、デシジョンテーブルがそのまま使用できます。