IBM・日立メインフレーム、IBM i(AS/400)の標準LAN環境で利用できる端末エミュレータ

DirectLinkは、IBMメインフレーム、IBM i(AS/400)、日立メインフレームの標準LAN環境でそのまま利用できる端末エミュレータです。
IBM標準LAN環境のPCをIBMメインフレームおよびIBM i(AS/400)のオンライン端末として使用する「DLC対応版」と日立標準LAN環境のPCを日立メインフレームのオンライン端末として使用する「HNALAN対応版」があります。

DirectLink 利用イメージ

DirectLink 構成図

  • IBM、日立の標準LAN環境で利用できる端末エミュレータをお探しの方
  • DirectLink DLC対応版IBM標準LAN環境のPCを、IBMメインフレームおよびIBM i(AS/400)のオンライン端末として利用できます。
  • DirectLink HNALAN対応版日立標準のLAN環境(HNALAN)のPCを、日立メインフレームの560/20オンライン端末として利用できます。

基本機能

ディスプレイセッション、プリンタセッション、ファイル転送機能、データ転送機能(DLC対応版 5250のみ)などオンライン端末として必要な基本機能を備えています。

エミュレータシステム機能

端末エミュレータを管理する以下の機能を備えています。
・すべてのセッションの統括管理を行う「ホストリンクエクスプローラ」
・エミュレータの動作環境セットアップ関連機能を統合制御する「ツールパネル」
・マクロファイルの実行、マクロの自動記録を行う「マクロコントローラ」
・エミュレータのプリントジョブを一括管理する「プリントジョブスケジューラ」
・エミュレータの機能や使い方を説明する「リファレンスマニュアル」

ディスプレイセッション機能

オンライン端末の操作に関して以下の機能を備えています。
・ホットスポット機能
・マクロ機能
・キー先読み機能
・エミュレータキーパッド
・UPFキーパッド
・ツールバー
・ステータスバー
・画面の「オートサイジング機能」
・アンダードット機能
・属性文字位置表示機能
・全画面表示機能
・日本語入力FEP自動制御機能
・ビットマップファイル作成機能
・カット&ペースト
・動的変更・保存機能
・ヘルプ機能
・日立社製KEIS83漢字フォント相当に対応(HNALAN対応版のみ)※
※CJS拡張漢字フォントが別途必要です。

プリンタセッション機能

オンライン端末からの印刷に関して以下の機能を備えています。
・Windowsプリンタドライバでの印刷およびプリントスプーラ経由の印刷に対応
・ファイル代替受信機能
・IBM PDFファイル互換印刷(DLC対応版 3270のみ)
・動的変更・保存機能
・ツールバー
・ステータスバー
・ヘルプ機能
・日立社製KEIS83漢字フォント相当に対応(560/20)※
※CJS拡張漢字フォントが別途必要です。

ツールパネル

ツールパネルより端末エミュレータの以下の機能設定や閲覧を行うことができます。
・エミュレータのプロパティ
・キーアサイン
・コードテーブル設定
・UPF設定
・エミュレータスタイルの設定
・ホットスポット設定
・EHLLAPI設定
・マクロ編集
・レジストリ保守
・エミュレータ保守
・CJSBDX(DLC対応版 3270のみ)
・データ転送(DLC対応版 5250のみ)
・データ転送設定(DLC対応版 5250のみ)
・ホストリンクエクスプローラ
・マクロコントローラ
・プリントジョブスケジューラ
・リファレンスマニュアル

API機能

・EHLLAPI (Emulator High-Level Language Application Programming Interface)を利用して、セッション確立後にメインフレームとの対話を行うことができます。
・PCSAPIを使用して、指定セッションの起動、終了、コード変換などができます。

5250ファイル転送プログラム

端末エミュレータとIBM i(AS/400)間でファイル転送を実行する、当社製日本語5250端末エミュレータのオプション製品です。本製品はIBM i(AS/400)上で稼働するアプリケーションプログラム(FTP400)です。
TCPLink、DirectLinkの各日本語5250エミュレータに対応しており、端末エミュレータにあらかじめ組み込まれたファイル転送機能と、FTP400がファイル転送を実行します。