商品棚のカメラ映像から手に取った商品をリアルタイムに自動認識。AI映像解析により店舗におけるデジタルトランスフォーメーションを促進。

商品棚のカメラ映像から手にとった(または戻した)商品をリアルタイムにAI認識し、追加登録が容易かつ低コストで導入可能なAI商品認識プラットフォームです。消費者の商品接触行動を可視化する「店舗マーケティングツール」や、マイクロマーケットなどの小型店舗における「レジレス無人決済」など、お客さまの店舗DXを加速するさまざまなソリューションが実現可能です。

AI商品認識プラットフォーム「StoreMotion」紹介動画

AI商品認識プラットフォーム「StoreMotion」の紹介動画です。AIによる商品認識の様子を実際の動画で詳しく説明します。また本プラットフォームを活用した事例として「スマホ決済型マイクロマーケット」をご紹介します。

商品棚上部に取り付けたカメラで手元を撮影し、その映像をAIにより解析することで商品の種類と「取り出し」または「戻し」の行動を認識します。認識処理はリアルタイムに行われます。「StoreMotion」をシステムのコアとして活用することで、お客さまの様々な棚にマッチしたシステムを柔軟に構築することができます。

StoreMotion構築例

StoreMotion

本システムはステレオカメラと画像解析用PCで構成されています。必要な機器の台数は棚の形状や大きさによって変わります。詳しくはお問い合わせください。

■ステレオカメラ
・商品棚上部にステレオカメラを設置します。目安として幅90cmの棚に対してカメラ1台以上が必要です。
・商品棚の形状によってはカメラを横向きに設置する場合もあります。
・棚の大きさや認識対象の商品の大きさによっては複数のカメラを設置する必要があります。
・カメラはUSBにより電源を供給します。ただしUSBケーブルを3m以上に延長する場合は別途電源が必要になります。

■画像解析用PC
・PC1台につき最大で2台までのカメラ接続が可能です。
・画像解析用PCはNVIDIA社のGPUの搭載が必要です。詳しいスペックはお問い合わせください。

  • 小売店舗における消費者の商品接触行動を可視化したい
  • レジレスの無人店舗を低コストで実現したい
  • 新しいカタチの店舗内広告を実現したい
  • 惣菜パンや生鮮食品などバーコードがついていない商品の自動会計を実現したい
  • 最新のAI映像解析技術により商品を識別するため高い精度を実現最新論文手法に基づくAI映像解析技術を採用しており、高精度に商品を識別することができます。また当社独自のアルゴリズムにより、商品の追加、変更、削除を容易に行うことができます。
  • 消費者の商品の取り出し動作・戻し動作をリアルタイムに認識消費者が商品を棚から取り出す動作、戻す動作をリアルタイムに正確に認識します。店舗マーケティングツールとして活用すると「商品が戻された」情報を収集することが可能となるため、消費者が商品を購入しなかった理由の分析につなげることができます。
  • 取り出した位置と異なる場所に戻しても正しく認識可能消費者が取り出した位置と違う場所に商品を戻しても商品を正しく認識します。さらに消費者が棚の何段目のどの位置からその商品を取り出したか(または戻したか)といった情報を取得することも可能です。
  • 商品陳列レイアウトを変更してもシステムの設定変更は不要本システムは棚から取り出された商品の映像から識別するため、商品棚にどのように商品が陳列されていても動作には影響ありません。たとえば商品レイアウトを変更してもシステムの設定変更は不要です。また商品棚に煩雑に商品を詰め込んでも問題なく動作します。

店舗マーケティングツール

消費者の商品接触行動を可視化

店舗の棚にカメラを取り付けることで、消費者が何の商品を取り出したか、または戻したかを自動認識します。消費者の商品接触をデータ化することができます。

スマホ決済型マイクロマーケット

レジレスの無人店舗を低コストで実現

既存の商品棚にカメラを取付け、決済システムと連携することで、簡易な無人店舗を構築することができます。一般的な無人店舗のように、重量センサーや人の動線を追尾する多くのネットワークカメラを設置せずに実現することができ、既存の商品棚をそのまま活用することができるため、投資コストを抑えることが可能です。「StoreMotion」をオンラインの決済システムと連携することで、消費者のスマートフォンで決済する完全レジレスの無人店舗を実現できます。

  • 商品認識率は100%ではないため、本システムを決済手段として活用する場合は、購入する商品を購入者様にご確認していただくオペレーションが必要となります。

AI画像認識型会計システム

バーコードレスの商品を自動決済

無人店舗

生鮮食品や惣菜パンのようなバーコードがついていない商品を映像から認識し会計することが可能です。

  • 商品認識率は100%ではないため、本システムを決済手段として活用する場合は、購入する商品をご確認していただくオペレーションが必要となります。
  • スマートフォンで動作させる場合はカスタマイズ開発が必要です。