【データ管理】

SOLIDWORSを活用していますとデータ数が増加し、ファイルやフォルダーの管理に時間を要します。アセンブリが参照している構成部品のファイル名を一括で変更するなど、3Dデータの管理に使える7機能を揃えています。以下リンクをクリックすると各機能の説明動画が立ち上がります。

機能名 概要 説明動画 ライセンスファイルのご購入
データパック 部品ファイルの不用な情報を削除し、ファイルサイズを小さくすることができます 説明動画 購入選択ページへ
非参照ファイル移動 指定ファイルと参照関係にあるデータを特定し、その他のデータを集約することができます 説明動画
構成部品ツリーフォルダ作成 アセンブリの構成部品ファイルをフィーチャーツリー構造と同等にすることができます 説明動画
ファイルバージョンチェッカー 最後に保存されたファイルのバージョンを表示することができます 説明動画
同名ファイルオープンチェッカー 開こうとしているアセンブリファイルの構成部品が既に開かれているかどうか事前に確認します 説明動画
参照切れファイル探査 アセンブリドキュメント構成部品の参照先変更と、SOLIDWORKSが自動的に探査して使用するファイルに関する情報表示を行います 説明動画
構成部品ファイル名変更 アセンブリドキュメントの構成部品ファイル名とアセンブリの参照先情報の変更を同時に行います 説明動画

入手購入方法

※1端末でSOLIDWORKS1バージョンインストールされている環境下で稼動します