ホーム > トピックス > コラム > PLM連載コラム 第1回
キヤノンITソリューションズの「エンジニアリングDX」
~PLM/IoT/xRの活用による製造業のデジタルトランスフォーメーション~
  • コラム

PLM連載コラム 第1回
キヤノンITソリューションズの「エンジニアリングDX」
~PLM/IoT/xRの活用による製造業のデジタルトランスフォーメーション~

イメージ画像

PLMソリューションのコンサルタントがお送りする「PLM連載コラム」です。 第1回は、キヤノンITソリューションズが提唱する製造業のデジタルトランスフォーメーション「エンジニアリングDX」のご紹介です。

多くの企業が市場競争を勝ち抜くためデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の取り組みを活発化しています。製造業におけるDXは、デジタル技術により、ものづくりのプロセスそのものを変革することに他なりません。本コラムでは、PLMをプラットフォームとし、IoT、xRでデジタルデータ活用を加速するキヤノンITソリューションズの「エンジニアリングDX」をご紹介します。

1.エンジニアリングDXのコンセプト

■DXの定義

DX定義

DXは、「データとデジタル技術を活用して、業務やビジネスモデルを変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されています。単純なデジタル化、IT化により特定業務の効率化をめざす、「デジタイゼーション」ではなく、デジタル化によって業務プロセスやビジネスモデルを変革する「デジタライゼーション」の延長線上にある、と捉えることができます。 長期的かつ戦略的にデジタル技術の活用を進め、持続的に成長し続ける企業体質に革新していくDXは、あらゆる産業において必須の取り組みとなりつつあります。

■キヤノンITSが提唱する「エンジニアリングDX」とは

エンジニアリングDX概要図

製造業におけるICTの活用は、大きく分けて「サプライチェーン」と「エンジニアリングチェーン」の領域が対象になります。 サプライチェーンの領域では、ERP(Enterprise Resource Planning;企業資源計画)で企業体力を強化することにより、最適かつスピーディーな供給連鎖を目指します。エンジニアリングチェーンの領域では、PLMで企業価値の向上を図り、市場が求める製品を設計・開発する仕組みを作ります。 キヤノンITSが提唱する「エンジニアリングDX」は・・・

(※この先は本稿をダウンロードしてご覧ください。)

目次
1.エンジニアリングDXのコンセプト
2.エンジニアリングDXがもたらす業務変革
3.エンジニアリングDX推進のポイント

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > PLM連載コラム 第1回
キヤノンITソリューションズの「エンジニアリングDX」
~PLM/IoT/xRの活用による製造業のデジタルトランスフォーメーション~