ホーム > トピックス > コラム > コラム|今一度、「安全在庫」について考える
~安全在庫の基本とその決め方、効果を上げる方法とは~[2021.08.19]
  • コラム

コラム|今一度、「安全在庫」について考える
~安全在庫の基本とその決め方、効果を上げる方法とは~[2021.08.19]

イメージ画像

昨今、経済・社会環境は急激に変化し続けています。それによっておこる社会課題やトレンドに対し、需要予測・需給計画は柔軟に対応していく必要があります。

そこで本コラムでは、需要予測・需給業務の担当者や最新のトレンドを学びたい方向けに、今後必要とされる需要予測・需給計画の取り組みやポイントについて、弊社コンサルタント独自の視点で解説します。

「今一度、『安全在庫』について考える」

サプライチェーンマネジメントでは様々な専門用語が飛び交いますが、そのなかで頻出であり一般的にも知名度が高いのが「安全在庫」です。在庫管理の分野を学べばはじめに出てくる基本のことばであり、学んでいない人でも「安全」「在庫」という単語から、どのような役割を果たすか、何となくイメージをつかみやすいのではないでしょうか。しかし、ことばの平易さと異なり、実務で効果的に運用するのはかなり難しいことであると感じます。今一度、安全在庫についての基本とその決め方、効果を上げる方法について考えます。

※本稿のダウンロードには登録が必要です。

筆者紹介

多ヶ谷 有

多ヶ谷 有(たがや ゆう)

キヤノンITソリューションズ株式会社 デジタルイノベーション事業部門
数理技術コンサルティング部 シニアコンサルティングスペシャリスト

2007年の入社以来、需要予測・需給計画ソリューションFOREMASTのシステム導入プロジェクトに従事。最近は食品業界向けのプロジェクトに多く携わり、主にコンサルティング業務を担当している。

関連書籍など

在庫管理のための需要予測入門

FOREMAST担当コンサルタントが執筆した需要予測入門書です。
どのような需要予測システムを導入すればよいかお悩みの方のために、実務に精通したコンサルタントが基本知識からシステム導入時に考慮すべきポイントまでをやさしく解説しています。

在庫管理のための需要予測入門

キヤノンシステムソリューションズ株式会社数理技術部[編]
淺田 克暢+岩崎 哲也+青山 行宏[著]
■出版社:東洋経済新報社
■発売日:2004年12月22日
■ISBN:4492531874
■価格(税込):1,980円

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > コラム|今一度、「安全在庫」について考える
~安全在庫の基本とその決め方、効果を上げる方法とは~[2021.08.19]