ホーム > トピックス > コラム > コラム|需要予測における異常値対応
~需要予測における販促イベントや大口発注の影響について~[2021.07.01]
  • コラム

コラム|需要予測における異常値対応
~需要予測における販促イベントや大口発注の影響について~[2021.07.01]

イメージ画像

昨今、経済・社会環境は急激に変化し続けています。それによっておこる社会課題やトレンドに対し、需要予測・需給計画は柔軟に対応していく必要があります。

そこで本コラムでは、需要予測・需給業務の担当者や最新のトレンドを学びたい方向けに、今後必要とされる需要予測・需給計画の取り組みやポイントについて、弊社コンサルタント独自の視点で解説します。

「需要予測における異常値対応」

コロナ前と後では生活パターンも変わり、モノの売れ行きが変わってきました。ステイホームで売り上げが増えた商品もあれば、減った商品もあります。コロナ前を日常とすれば、コロナ後は非日常と言えます。
いつ、前の日常に戻れるのか、本当に前と同じなのか、いろいろ考えさせられます。
通常と異なる需要(異常需要)が発生すれば需要予測にも影響を与えます。本コラムでは、需要予測における異常値対応について考えていきたいと思います。

※本稿のダウンロードには登録が必要です。

筆者紹介

岩崎 哲也

岩崎 哲也(いわさき てつや)

キヤノンITソリューションズ株式会社 R&D本部 数理技術部 シニアコンサルティングスペシャリスト。

需要予測・需給計画ソリューション FOREMAST(フォーマスト)の開発およびシステム導入プロジェクトに従事。
FOREMASTのSIコアの機能設計・開発を担当。

関連書籍など

在庫管理のための需要予測入門

FOREMAST担当コンサルタントが執筆した需要予測入門書です。
どのような需要予測システムを導入すればよいかお悩みの方のために、実務に精通したコンサルタントが基本知識からシステム導入時に考慮すべきポイントまでをやさしく解説しています。

在庫管理のための需要予測入門

キヤノンシステムソリューションズ株式会社数理技術部[編]
淺田 克暢+岩崎 哲也+青山 行宏[著]
■出版社:東洋経済新報社
■発売日:2004年12月22日
■ISBN:4492531874
■価格(税込):1,980円

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > コラム|需要予測における異常値対応
~需要予測における販促イベントや大口発注の影響について~[2021.07.01]