ホーム > トピックス > コラム > FOREMAST連載コラム【上級編】
第一回:「SNSと需給」 [2021.03.04]
  • コラム

FOREMAST連載コラム【上級編】
第一回:「SNSと需給」 [2021.03.04]

イメージ画像

本コラムでは、急激に変化する経済・社会環境の課題を踏まえて、今後必要とされる需要予測・需給計画の取組みやポイントについて、弊社コンサルタントが独自の視点で、わかりやすく解説します。
今回は「SNSと需給」をテーマに、SNSが与える影響を考慮した需給計画についてを解説いたします。

「SNSと需給」

私がまだ学生の頃(もう20年近く前になりますが笑)、電車に乗ると音楽を聴いたり、新聞や雑誌、書籍などを読んだりしている人がちらほらいる感じでしたが、今は周りを見ると、ほとんどの人がスマートフォンを使用していますよね。
MMD研究所が2020年2月に配信した『2019年版:スマートフォン利用者実態調査』(*)によると、スマートフォン所有者に最も良く利用するアプリを上位3種聞いたところ、SNSが28.7%と最も多くなっています。SNSは、スマートフォンの普及によって、瞬く間に利用者が増えてきました。
本コラムでは、こういった『スマフォファースト』と呼ばれる現代での、SNSと需給の関係について考えていきたいと思います。

※本稿のダウンロードには登録が必要です。

筆者紹介

大下 吾朗

大下 吾朗(おおした ごろう)

R&D本部 数理技術部 シニアコンサルティングスペシャリスト

米国PMI認定プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル。
需要予測・需給計画ソリューション FOREMAST(フォーマスト)の開発およびシステム導入プロジェクトに従事。
主に在庫補充量計算に関する機能設計・開発を担当。

関連書籍など

在庫管理のための需要予測入門

FOREMAST担当コンサルタントが執筆した需要予測入門書です。
どのような需要予測システムを導入すればよいかお悩みの方のために、実務に精通したコンサルタントが基本知識からシステム導入時に考慮すべきポイントまでをやさしく解説しています。

在庫管理のための需要予測入門

キヤノンシステムソリューションズ株式会社数理技術部[編]
淺田 克暢+岩崎 哲也+青山 行宏[著]
■出版社:東洋経済新報社
■発売日:2004年12月22日
■ISBN:4492531874
■価格(税込):1,980円

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > FOREMAST連載コラム【上級編】
第一回:「SNSと需給」 [2021.03.04]