ホーム > 事例紹介 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > システム開発工数の削減事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > リードタイム短縮事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > 在庫削減事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 情報システム事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 生産管理事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > ソリューション別から探す > ERP事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > ERP > 導入事例 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > ERP > 導入事例 > 日本食研ホールディングス株式会社様

日本食研ホールディングス株式会社様

ベスト・オブ・ブリードでシステム導入。少量多品種生産と単品日本一を両立する主要4工場の統一基盤を実現。

  • システム開発工数の削減
  • リードタイム短縮
  • 在庫削減

1971年10月、大沢一彦氏が香川県高松市にハム・ソーセージに必要な調味料および機械器具を販売する「畜産加工研究所」を創業。その後、1975年に社名を日本食研に変更し、さらに2009年には、日本食研ホールディングス株式会社(以下、日本食研)を親会社とする持株会社体制へ移行した。現在、KO宮殿工場、千葉本社工場、食品研究工場、ハム研究工場の主要4工場で、液体・粉体のブレンド調味料、加工調理食品の製造、研究開発に取り組んでいる。最大の強みは、少量多品種生産であること。この強みを支えてきた、独自開発の基幹システムが稼働するメインフレームの保守期限切れが近づいたことから、キヤノンITソリューションズのAvantStageを採用したベスト・オブ・ブリードによる基幹システム再構築を実施。4つの工場の統一基盤を整備するとともに、少量多品種生産かつ短納期と単品日本一戦略の推進を両立する仕組みを実現した。

導入ソリューション

お客様データ

日本食研ホールディングス株式会社
従業員数 4,138名(男3,233名 女905名 グループ15社合計 2016年9月30日現在)

お客さまが実現できたこと

  • ベスト・オブ・ブリードの導入により最小限のカスタマイズで基幹システムを構築できた。
  • 少量多品種生産かつ短納期と単品日本一戦略を両立する4 工場の統一基盤を実現できた。
  • 業務の属人化の解消や原価管理の精度向上など、生産業務の効率化を実現できた。

お客さまのご要望

  • 独自開発の基幹システムが稼働しているメインフレームの保守期限切れに対応したい。
  • 少量多品種生産かつ短納期と単品日本一戦略の推進を両立する仕組みを実現したい。
  • KO宮殿工場、千葉本社工場、食品研究工場、ハム研究工場の統一基盤を整備したい。

導入いただいたソリューション・製品

  • 事例や製品に関するお問い合わせはお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせ
ホーム > 事例紹介 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > システム開発工数の削減事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > リードタイム短縮事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 目的別から探す > 在庫削減事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 情報システム事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > 部門別から探す > 生産管理事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > 事例紹介 > ソリューション別から探す > ERP事例一覧 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > ERP > 導入事例 > 日本食研ホールディングス株式会社様
ホーム > ソリューション・製品 > ERP > 導入事例 > 日本食研ホールディングス株式会社様