ホーム > ソリューション・製品 > xRソリューション

お客様の業務課題に応じた最適なxRソリューションを提案します

近年進歩の著しいxR(VR/AR/MR)技術。
「今までできなかったことができる」有望な技術として期待を集めています。
xRを単なる映像装置ではなく、業務に定着させて効果をあげ、業務革新を実現するためのソリューションとして提供します。

キヤノンITSのxRソリューション

  • 豊富なxRシステム導入実績製造業や建築業など産業分野での豊富な業務適用の経験を活かし、お客様の真の課題を理解し、その解決を手助けする業務改革ソリューションの提案を進めています。
    加えて、運用定着を配慮した「使える」システムの構築に取り組んでいます。
  • システム構築から開発まで一気通貫体制システムの導入検討から教育・保守に至るまでの一連の導入プロセスを一気通貫体制でサポートします。
    また、お客様独自の環境/運用方法に応じたシステム開発やコンテンツ制作など、xRソリューションをよりよく利用するための支援も行なっています。
  • 長年にわたるCAD/CAM/CAE分野の経験1980年代に3次元CADの運用サービスを開始以降、長年にわたりCAD/CAM/CAEなどエンジニアリング分野の製品販売、保守、開発、サービスに取り組んでいます。
    その経験を活かし、3次元データのさらなる効果的な活用について積極的に提案しています。

VR/AR/MRのちがい

VR(VirtualReality;仮想現実感)は、コンピュータによって作られた仮想映像を立体表示し、仮想空間をあたかも現実のように体験することが可能となる技術です。
また、AR(AugmentedReality;拡張現実感)は、現実世界に対して情報を付け加えて価値を増大させる技術です。主体となる現実世界に対して場面に応じた文字や図形などの注釈情報を付け加える用途(アノテーション)から発展してきました。
MR(MixedReality;複合現実感)は、現実世界と仮想世界を融合させる技術であり、VRからARまでを包含するものです。仮想物体があたかも現実の中に存在しているかのように体験することが可能となります。

用途に応じて最適な方式を選定することが重要

VR/AR/MRに関連する様々な製品が販売されており、それぞれ特徴があります。
また、関連技術を組み合わすことで多彩な活用方法を実現できます。
弊社では各方式をご体験いただけるスタジオをご用意しており、実現されたいことに応じて最適な方式を選定するためのお手伝いをいたします。

ホーム > ソリューション・製品 > xRソリューション