複雑な基金業務運営を、システム化しませんか?

今、日本の年金制度は大きな転換期を迎えています。団魂世代の大量定年や確定給付企業年金法の施行、適格退職年金制度の廃止等により、年金にまつわる情報管理は複雑化しています。制度そのもののあり方が問われる現在、激しい変化にも迅速に対応できる業務運営はもはや必須の課題です。
加えて、企業に対しても、少子高齢化が進むなか、年金制度をどのように支え、どのように社会的信頼を築いていくのか姿勢が問われています。そういったなか、よりよい年金システムを構築することが企業価値の向上につながるといえるでしょう。

概要図

  • 幹事会社に依存しない、透明性のある独自の基金制度を実現年金特有の業務を円滑に進める事を目的としたソリューション群の構築です。年金基金の業務に特化したシステムと独自のノウハウで、制度の変化に迅速に対応できるトータル年金サポートを実現します。
  • 迅速、かつ正確な加入者・受給者への問い合わせ対応を実現
  • 受給権者台帳など基金で保管されているドキュメントを電子化
  • 俗人化による業務をシステム化することで共通化を実現
  • 手書き業務を減らして、月年次集計を自動化を実現