ホーム > ソリューション・製品 > MRソリューション > xRとは? VR・AR・MRの違い

xRとは? VR・AR・MRの違い

xR(クロスリアリティ)とは、現実世界と仮想世界を融合し、新しい体験を創造する技術で、「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」「MR(複合現実)」などの先端技術の包括的な総称です。

VRは、主にCGで構成された映像すべてがバーチャル(仮想)であり「現実ではない」空間をVRヘッドセッドや専用ゴーグルを装着して見ることができ、その世界に入り込んだような体感ができる技術です。

ARは、リアルな現実の風景に、さまざまな情報を付け加えて見せる技術です。スマートフォンやタブレット、サングラス型のARグラスを通して見ることができるため、気軽に体感でき、個人で楽しめるゲームでも多く採用されています。

MRは、ARをさらに拡張し、頭に装着するディスプレイを通し、実際にはその場所にないものを現実世界と仮想の世界を重ね合わせて表示(複合現実)し、自由にな位置や角度から体感できる技術です。医療や自動車、教育など幅広い分野で応用ができる技術として注目されています。キヤノンMRシステム(MREAL)はVR / ARも包含した技術と定義しています。

MR

Mixed Reality

  • 複合現実

MRのイメージ

現実と仮想を融合

AR

Augmented Reality

  • 拡張現実

ARのイメージ

現実に仮想を重畳

VR

Virtual Reality

  • 仮想現実

VRのイメージ

すべて仮想

MRとARとVRの相関図

ディスプレイのタイプ別比較

xR(MR/AR/VR)用のデバイスは、その技術方式によって、できることに差があります。各方式で一長一短があり、実現したいことに応じて最適な方式を選定することが重要です。
MREALは、現実世界の中に仮想物体を「あるべき自然な姿」で表示できるデバイスです。自分の手がモノサシとなりサイズ感や遠近感を自分の感覚でとらえることができ、産業用の現場における高度な要求にも応えることができるシステムとして支持されています。

区分 MR(Mixed Reality)
AR(Augmented Reality) VR(Virtual Reality)
利用技術 ビデオシースルー3D 光学シースルー3D 2Dカメラ映像+CG CGのみ
デバイス
イメージ
キヤノンMREAL
キヤノンMREAL
光学シースルー3Dのデバイスイメージ 2Dカメラ映像+CGのデバイスイメージ CGのみのデバイスイメージ
見え方

手と仮想物体との見え方

現実と仮想が融合
現実と仮想が融合
(前後関係が正確)
仮想物体が半透明
仮想物体が半透明
現実の手前に仮想を重畳
現実の手前に仮想を重畳
全て仮想
全て仮想
現実空間 表現可能 表現可能 表現可能 表現不可能(※学術的な定義とは異なります)
自分の手 表現可能 表現可能 表現可能 一部表現可能
距離感 表現可能 一部表現可能 一部表現可能 一部表現可能
実物大 表現可能 表現可能 一部表現可能 一部表現可能

表現可能=表現可能  一部表現可能=一部表現可能 表現不可能=表現不可能

VR と MR の見え方の違い ~作業性検討~

検討項目 VR MR
作業の確認
  • 作業しやすいかどうか
  • 細かな指先の動きが見えるか
VRでの見え方 表現不可能 細かい作業がわかりづらい
表現不可能 実用化には至っていない
MRでの見え方 表現可能 細かい作業がわかりやすい
表現可能 実際の作業を明確に確認できる

<VRの場合>
専用グローブを使用し、CGで手を表示できます。ですが、細かい指先表現がわかりづらく実用化には至っていません。

<MRの場合>
自分の指の位置や形まで表現できることにより、実際の作業状態(ワークの押さえが効かないこと)がわかります。
指先など細かい動きも確認できるので、気づきが多く、実際の作業を明確に確認できます。


検討項目 VR MR
作業の確認
  • 手、足元が見えるか
  • 距離感、サイズ感、奥行きの判断ができるか
VRでの見え方 表現不可能 CGの手は違和感がある
表現不可能 判断しづらい
MRでの見え方 表現可能 正しい立ち位置と自分の手が見える
表現可能 設備との距離感、前後関係を把握できる

<VRの場合>
設備を配置する場所を確認する場合、手に持つような表現をCGで行っても違和感があります。

<MRの場合>
実際の作業の立ち位置から自分の手を表示し、設備と手の距離感を確認できます。
前後関係も確認できるため、正確な自分の手元と足元が見え、より明確に設備を把握できます。


検討項目 VR MR
作業の確認
  • 体(姿勢)が確認できるか
  • 個人差のある作業のため、複数人で検証できるか
VRでの見え方 表現不可能 全身にセンサーを装着しなければならない
表現不可能 大人数の検討会には向かない
MRでの見え方 表現可能 連続作業の確認が簡単
表現可能 複数人でもその場ですぐに確認が可能

<VRの場合>
CGで身体の姿勢を表現するためには、全身にセンサを装備しなければなりません。
そのため、現実に想定される姿勢が取りづらく正確に判断することができません。

<MRの場合>
CGではなく自分の身体で表現でき、俯瞰することができます。
作業時の手や腰の位置から、無理な姿勢で作業している等をその場で確認できます。


お気軽にお問い合わせください。

このソリューションへのお問い合わせ

資料やカタログのダウンロードができます。

資料請求・ダウンロード
ホーム > ソリューション・製品 > MRソリューション > xRとは? VR・AR・MRの違い