超高速開発

超高速開発とは

開発工数の削減、高い生産性、フレキシブルな設計/開発、属人性のない均一なプログラムコード品質が実現できる「超高速開発」

ビジネスのグローバル化やクラウドが普及していく中で、めまぐるしく変化するビジネスニーズに迅速に対応できる情報システム構築が企業の競争力を左右する時代となっています。これからの情報システムは、柔軟で迅速に対応できる攻めの情報システムであることと同時に、開発・運用の際に、より一層のコスト削減が求められます。

また、様々なOSとWebブラウザを始め業務活用としてのスマートフォンやタブレット端末などの急速な普及により、ITを取り巻く環境はますます多様化・複雑化しており、従来のウォーターフォール型に代表される重厚長大型開発では、こうした環境変化と多様化するIT環境へのスピーディな対応が難しくなって来ています。また、そのような開発は膨大な人手とコストがかかってしまっていたのではないでしょうか。

短期間・低コストによるシステム開発・メンテナンスを実現し、要求仕様の変化に強い開発スタイルへの変革が求められる今、Paasに代表されるクラウド環境の活用やビジネス上重要な機能から優先的に進めるアジャイル開発手法とともに、人手による手動のプログラミングを必要としない「超高速開発ツール」が脚光を浴びています。


情報システムの開発工程のうち、ビジネスルール(業務要件)や実装要件などの基本設計情報を登録するだけで、実装工程(コーディング)をノンプログラミングで自動化したり、必ず必要な設計ドキュメント類をすべて、あるいは部分的に自動で作成したりすることによって、情報システム開発にかかる工数を劇的に短縮させることが可能となります。

従来の人と時間とコストをかけて構築していた情報システムは、設計情報からアプリケーションを自動生成するツールによって、開発工数の劇的な削減と高い生産性・保守性、フレキシブルな設計/開発、属人性の依存しない均一なプログラムコード品質を同時に実現することができます。

「超高速開発」を実現するアプリケーション自動生成ツールは、多様化するIT環境と加速するビジネススピードに応え、企業が必要する情報システムをタイムリーかつ柔軟に実現を図る手法として、活用価値は急速な高まりを見せています。

キヤノンITSは「超高速開発」が実現できます。

10年以上の実績、500本以上のライセンス販売を誇るキヤノンITソリューションズのWeb Performerで「超高速開発」を実現

「Web Performer」はプログラミングレスでWebアプリケーションを100%自動生成するマルチブラウザ対応開発ツールです。Javaの知識に関わらず、業務・設計ノウハウを活用して「基本設計情報」を定義するとWebアプリケーションを自動生成します。また、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに最適化されたWebアプリケーションも自動生成します。

コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間を短縮し、超高速開発を実現します。

「短納期」、「高品質」、「コスト削減」を目指すシステム開発現場に、Java 100%自動生成ツールによる生産革新を。

キヤノンITSのWeb Performerで超高速開発が実現できる

関連するソリューション・製品