XVLによる超軽量3Dデータで業務プロセス改革を実現

製造業の業務効率を上げるための3Dデータ活用にはさまざまな情報が必要です。XVLは、形状を軽量に表現するだけでなく、3D に含まれる構成情報および属性情報(BOM)を合わせて表現します。 そのため設計、製造以外にも、CADを利用しない生産技術、サービス、調達など、各業務の目的にあわせて、3Dデータを効果的に活用できます。

  • 大規模な3Dデータのデザインレビューにお困りの方
  • 工程設計に3Dデータを活用したい方
  • 製造現場への指示書を効率的に作成したい方
  • 超軽量フォーマットXVLフォーマットは、CADの精度を0.001mmの高い精度を保持したまま、ファイルサイズを約1/100まで軽量化することができ、大規模アセンブリにおいても3次元データを軽快に扱うことができます。3D CADでは大規模アセンブリを扱う際に、ビューイング操作が軽快に行えないなどの不都合を解決し、快適なデザインレビューの環境をご提供します。
  • デジタル試作XVLでは、CADで表現できなかった製造に必要な情報 (M-BOMや組立工程など) と3Dデータを一元管理することができ、実物の組立試作を待たず、事前にデジタル組立試作による検証を行うことで、試作部品のコスト削減、開発リードタイムの短縮を実現します。
  • 製造部門への3Dデータ活用XVLに定義した組立情報を元に、3Dデータ付きの作業指示書を作成することで、指示書作成にかかる期間の短縮とコスト削減が可能です。また、製造部門では従来の紙図面から3Dデータ付きの指示書に置き換えることで、作業者が悩む工数を削減し、作業ミスを低減することができます。

デザインレビュー

3Dモデルに対して、測定、断面、注記やスナップショットなどのデザインレビューに必要な機能を兼ね揃えています。さらに、超軽量化された3Dモデルを扱うことで、これまでユニット毎でしかできなかった干渉チェックやその結果レポートなど、製品全体(大規模モデル)におけるレビューが可能です。

・形状確認     
・計測
・寸法、注記作成  
・スナップショット
・干渉チェック   
・リアルタイム2D断面      
・工具、設備設定

工程設計

設計に必要なアセンブリ構成"E-BOM"とは別に、製造に必要な構成"M-BOM"を定義することができます。さらに、そのM-BOMを使った組立の工程検討や、部品組付軌跡からの動的干渉チェックなど、工程設計を3Dモデルで確認しながら行うことができます。

・複数構成作成/編集(E-BOM、M-BOM、S-BOM)
・部品組付工程作成
・工程アニメーション
・マークアップ
・動的干渉チェック

作業指示書

XVL上で作成した組立工程を元に、製造指示書などの帳票を一括で出力することができます。Microsoft Excel、XVL Player(無償)、ipad など製造現場に合わせた形で出力することができます。

・帳票の一括出力
・帳票への3Dデータ埋め込み
・設計変更による帳票の更新

製品名 概要
XVL Converter Light / XVL Converter Plug-in CADで作成された3DデータをXVLフォーマットに変換することができます。
・XVL Converter Light:XVL変換をバッチ処理にて実行します。複数のデータを並列で変換することができます。
・XVL Converter Plug-in:3DCADに変換するための機能をアドインして、CAD上から変換を実行します。
【CAD対応フォーマット】
CATIA V5、SOLIDWORKS、NX、Solid Edge、Creo Parametric、Creo Elements/Direct Modeling、NX I-deas、Inventor、iCAD SX 【中間ファイル対応フォーマット】 JT、STEP、Parasolid、IGES、VRML 2.0、STL
ヒューマンオプション ライブラリに登録された人体モデルを実際のモデルに重ね、メンテナンス性の検証や作業者視点の検証を行うことができます。また、作業者に負荷のかかる体制を取る と、人体モデルをハイライト表示(警告)して姿勢検証を行います。 ヒューマンオプション
差分検出オプション 設計変更前後の3Dモデルを重ね合わせ、属性情報と共に色分け表示することで、変更箇所を速やかに把握することができます。また、設計変更箇所の距離測定や、一括レポート出力することができます。
ルーティングオプション ハーネス形状を作成・編集することができ、パスの配索検討に活用できます。作成したハーネスはアニメーションにも追従し、組立性検証にも利用することができます。
Lattice 3D Reporter 製造現場で必要な作業指示書やサービスに必要なパーツリストなどの帳票をMicrosoft Excelへ自動出力することができます。Microsoft ExcelにXVLデータを埋め込むことで、3Dモデル、画像、属性など連動した帳票を簡単に作成することができます。
XVL Web Master ホームページに公開するためのパーツリストやメンテナンスマニュアルなど3Dデータを埋め込んだHTLM形式に自動生成することができます。3Dモデルと部品情報などの各リストはリンクしており、どちらも選択することで部品の判断を容易に行うことができます。
XVL Kinematics Suite 3Dデータに機構を定義し、部品を稼働させることで動的干渉チェックなどの解析することができます。また、定義した機構とタイミングチャートを連動することで、メカ設計に関わる問題点の早期発見に繋げます。
XVL Vmech Simulator XVL Vmech Simulator はPLCなどの制御用コントローラーへ組込む制御ソフトウェアを先行開発するためのシミュレータです。ソフトウェアの検証を実機試作ではなく、事前にデジタル試作機で行うことで、設備開発のフロントローディングを実現し、品質の向上と開発期間の短縮に貢献します。

製品関連情報開く

この製品に関連する製品