ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション> 自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software

ガイドレスAGV/AMR 向け Visual SLAMソリューション

スマート社会の実現に向けた取り組みとして、AGV(Automatic Guided Vehicle=無人搬送車)やAMR(Autonomous Mobile Robot=自律移動ロボット)、ドローン、人や物体などを認識して駆動するサービスロボットなどを活用した工場や物流、商業施設などでの自動化や無人化が進められています。
「自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software」は、位置姿勢計測や地図作成機能をもつ高精度なソフトウェアと、HMS社が提供するステレオカメラを組み合わせて提供する、サービスロボットソリューションです。プログラム開発支援やステレオカメラを用いた試験実施をサポートいたします。

シン・イメージング技術で実現する現場の自動化・無人化DX【活用例】

自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software

※ VNS = Vision-based Navigation Software

  • 幅広い画角で撮影されたカメラ映像データを用いて、周囲の環境の3次元情報とカメラの位置姿勢を同時に推定するため、レイアウト変化の多い現場でも柔軟に対応
  • Visual SLAMは、移動ロボットの眼となるソフトウエア技術です。幅広い画角で撮影されたステレオカメラ撮影データを用いて、周囲の環境の3次元情報とカメラの位置や姿勢を同時に推定するため、レイアウト変化の多い現場にも柔軟に対応することができます。「Vision-based Navigation Software」のVisual SLAMは、立ち上げ時の高速な位置姿勢計測が可能で、また暗所や逆光に強く照明変動や外光環境への順応性が高いため、地図作成に必要なルート走行テストの回数を少なくすることができます。加えて、検出した特徴点の分布やルート走行で作成した地図、計測信頼度のメーター表示を同一画面上で閲覧可能なため、稼働環境によって発生する課題への対応の迅速化に貢献します。
  • キヤノンのソフトウェア「Vision-based Navigation Software」1.位置姿勢計測
    ・特徴点が少なく検出が難しい環境においても、高精度の計測が可能
    ・照明変動や外光環境への順応に優れている(暗所や逆光に強い)
    ・レイアウトや風景変更が多い現場でも、対応可能
    ・初期位置出力が早く(起動してすぐに使用開始可能)、地図のスムースな切替が可能

    2.豊富な機能
    ・カメラ間で地図共有ができる機能搭載
    ・周辺環境の変化による認識精度への影響を極力少なく抑えられる
    ・検出した特徴点や作成した地図の出力などUIが充実している
    ・大規模な工場や倉庫に対応

    3.環境確認/課題対応に必要な機能を搭載したキヤノン独自仕様のビューワー
    ・カメラとノートPCによる位置姿勢計測の閲覧が可能(特徴点分布や地図形状、信頼度を閲覧可能)
  • スマートカメラ「SiNGRAY Stereo PRO」・高速なAIプロセッサおよび、IMUプロセッサ(9軸ジャイロ)を搭載
    ・ステレオ映像、カラー映像、3Dデプス映像を同時に撮像し物体認識、ジェスチャー認識などAI画像認識や自己位置推定をリアルタイムに処理

お気軽にお問い合わせください。

この製品へのお問い合わせ

資料やカタログのダウンロードができます。

資料請求・ダウンロード
ホーム>ソリューション・製品>画像処理ソリューション> 自己位置推定システム with Vision-based Navigation Software