ホーム > ソリューション・製品 > 年金 > ドキュメント検索・保管システム

受給者台帳を電子化し記録保存を実現、確定給付企業年金システム(基金基幹システム)との連携によりデータの一元管理を実現

年金基金の文化はまだまだ紙ベースがメイン。増える一方の各種ドキュメントを電子化することで、受給権者からの問い合わせ業務の効率(スピード)化を図るだけでなく、保管場所の省スペース化も実現します。
また、「確定給付企業年金システム」、「加入者・受給権者照会システム」との連携ができるので、問い合わせ時に加入者・受給権者台帳画面から照会することが可能です。

  • 紙保存に限界を感じている(用紙の劣化が心配)。
  • 事務所移転を機に、必要文書の整理をしたい。
  • 内部統制上、紙では管理しきれない。
  • 受給者からの問い合わせの際、紙検索で時間がかかっている。
  • 紙で管理している書類を電子化して、基幹システムとの連携管理を実現したい。
  • 簡単な操作で検索可能な電子化を実現電子化の流れは以下の通りです。
    1、インデックスシートからシートまでをひとつのファイルとしTIFFファイルにて保管
    2、検索機能にてインデックスで指定された情報にてスピード検索
    3、スキャナー機能により各種不定形帳票のスキャンニングを実現

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 年金 複雑な基金業務運営を、システム化しませんか?

この製品に関連する製品

ホーム > ソリューション・製品 > 年金 > ドキュメント検索・保管システム