FAX資料室

ビジネスインフラとして根強く利用されているFAX。特に、製造、金融、小売・流通などの業界では、各種の申込受付業務・受発注業務等で大量のFAX通信が発生し、その処理にかかる手間やコストが課題となっています。
FAX資料室では、FAX業務に関する課題解決や効率化を進めるヒント、ノウハウをご紹介します。

電話回線のIP網移行を控えた今がその時!FAX環境刷新で業務効率&利便性向上を

クラウドFAX追加でFAX回線を冗長化

いよいよ2021年1月から電話回線のIP網移行がスタートします。これにともない、INS回線サービスが2024年初頭をもって終了するとのアナウンスを受け、INS64やINS1500などでのFAXを業務利用する企業の間で「なにか対応が必要なのか」不安の声が挙がっているようです。結論からいうと、最も普及しているG3規格FAXについては、これまでどおり利用し続けることができます。
ただ、IP化の恩恵を最大限に享受して競争力強化を目指すなら、この機会に思い切ってFAX環境を刷新するという選択肢も。そこで今回は、クラウドFAX連携を実現した最新FAXソリューションをご紹介します。


ホーム > ソリューション・製品 > FAX/CTI > ライトニングFAX