ホーム > 事例紹介 > 科研製薬株式会社様

科研製薬株式会社様

老朽化したメインフレームを短期間にSAPをコアとしたシステムに移行。経費精算ワークフローの電子化も実現。

  • コスト削減
  • 営業・販売力強化
  • ペーパーレスの推進
  • 設備・資産の有効活用
  • システム開発工数の削減
科研製薬株式会社様

メインフレームの運用・保守にかかる膨大な費用からの脱却、国際会計基準(IFRS) 対応のため、ERPを検討した科研製薬株式会社。できる限りカスタマイズやアドオンしない方針でSAPを導入。SAPの基本機能では実現困難な独自要望の業務は、Web Performerで外部アプリケーションとして構築してSAP連携した。
すでにWeb Performerのヘビーユーザーであった同社は、エンドユーザの使い勝手と運用・保守の両方を考慮したシステム移行に成功。課題だった経費精算の電子ワークフロー化も、Web Performerのワークフローオプションを活用して実現した。工期やリソース条件の厳しさにも関わらず、レガシーなメインフレームシステムは、柔軟で拡張性に優れた新システムに生まれ変わった。

導入ソリューション
導入製品

お客様データ

社名:科研製薬株式会社
従業員数:1,523名(2014年3月31日現在)

お客さまのご要望

  • 運用コストの削減、国際会計基準の導入のため、早急にメインフレームをオープン化したい。
  • SAP 導入にあたっては、できるかぎりカスタマイズやアドオンは避けたい。
  • 紙ベースで管理が煩雑化した経費精算システムを電子化したい。

お客さまが実現できたこと

  • 限られたリソースと工期で、老朽化したメインフレームシステムをオープン系システムに移行できた。
  • SAP での不足部分をスクラッチ開発で補完。カスタマイズやアドオンを極小化できた。
  • 経費精算のワークフローを電子化。業務が効率化され、データの信頼性が高まった。

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > 科研製薬株式会社様