各種SaaSサービスへ移行する際に、必須となる既存システムとの連携をサポートします。

昨今、学内システムのクラウド化を検討されているお客様は少なくない状況ですが、同時にSaaSサービスとして各社が提供しているサービスの利用も検討されていると思います。ただ、それらのSaaSサービスを学内サービスとして提供するためには、既存の学内システムとの連携が不可欠となります。我々は、それらのSaaSサービスと貴学システムを連携するためのサポートをいたします。

  • SaaSサービスを導入したいが既存の学内システムとの連携はどうしたらいいのか?
  • 複数のSaaSサービスと学内システムの認証情報を一元管理したい。
  • シングルサインオンや多要素認証システムで利便性と安全性を高めたい。
  • Microsoft 365やGoogle Workspace、boxなど各種SaaSサービスの導入を支援をします。例1. SaaSサービスで利用するアカウント情報を一元管理できる統合認証基盤システムを構築
    例2. 複数のSaaSサービスやオンプレのシステムに対して、シングルサインオンシステムや多要素認証システムを構築
  • 商談から導入、運用保守までワンストップで対応します。

サービスメニュー

1.認証連携システム導入

各種SaaSサービスの認証起点となるActive DirectoryやLDAPシステムなどをIaaS若しくは学内に構築します。

認証連携システムイメージ

2.ID管理システム導入

学内、IaaS、SaaSシステム問わずシステムのIDの一元管理システムを構築します。

ID管理システム導入イメージ

3.シングルサインオン(SSO)/多要素認証システム導入

学内のWebアプリケーションサービスのSSO、ワンタイムパスワードやクライアント証明書を利用した多要素認証などを構築します。

シングルサインオン(SSO)/多要素認証システム導入イメージ

導入実績

連携サービス組み合わせ 構成内容
Microsoft 365 ID連携
Microsoft 365+Unicorn ID Manager Microsoft 365を管理するAzure ADへのアカウント情報のプロビジョニング
Microsoft 365+Azure AD Connect Microsoft 365を管理するAzure ADとオンプレミス上のADとのアカウント情報連携
Microsoft 365 ID連携+シングルサインオン
Microsoft 365+SeciossLink Microsoft 365を管理するAzure ADへのアカウント情報のプロビジョニング
Microsoft 365とのシングルサインオン連携
Google Workspace ID連携
Google Workspace+LDAP Manager Google Workspaceへのアカウント情報のプロビジョニング
Google Workspace+Unicorn ID Manger Google Workspaceへのアカウント情報のプロビジョニング
Google Workspace+Google Apps Manager Google Workspaceとオンプレミス上の認証サーバとのアカウント情報連携
Google Workspace +ID連携+シングルサインオン/多要素認証
Google Workspace+LDAP Manager + CloudLink + Authway LDAP Managerを利用したGoogle Workspaceへのアカウント情報のプロビジョニング
CloudLinkを利用したGoogle Workspaceとのシングルサインオン連携
Authwayを利用したGoogle Workspaceとの多要素認証連携(ワンタイムパスワード認証利用)
box ID連携+シングルサインオン
box+SeciossLink boxへのアカウント情報のプロビジョニング
boxとのシングルサインオン連携
box ID連携+多要素認証
box+Hakonnect+swivel secure Hakonnectを利用したオンプレミス上のADとboxとのアカウント情報連携
swivel secureを利用したboxとの多要素認証連携
Microsoft+メールセキュリティ
Microsoft 365+GURDIANWALL GURDIANWALLを利用したMicrosoft 365のメールセキュリティ強化

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 文教私たちは、ICTサービスを通じて質の高い教育環境の実現に貢献していきます。

この製品に関連する製品