教育現場を熟知したSEが、各種パブリッククラウドへの移行を支援します。

加速化するDX・クラウド化により、学内システムをクラウド移行することを検討されているお客さま増えています。しかし、クラウド環境への移行をどのように進めていけば良いのか、悩まれている方も少なくありません。実際にクラウドへの移行方式や環境構築は既存システムの特性によって異なるため、単純に移行といっても容易ではないことは現場担当者からも伺います。

私たちの部門は、文教市場に長年携わっているためお客さま環境を熟知しています。また教育環境では欠かせないPC教室環境の移行など、文教市場特有の課題も理解しています。私たちは、それらの課題に対しお客さまに寄り添って、移行作業を支援します。

  • クラウド移行することでコスト削減できるのか知りたい。
  • クラウド環境への移行を検討しているが、何から手を付けたいのか分からない。
  • クラウド移行できるシステム、できないシステムを統合的に管理できるのか?
  • サーバシステムをクラウド移行検討しているが、PC教室をどうしたらいいのか?
  • 豊富な専門知識を持ち合わせたSE(クラウド認定資格者)が多く在籍しています。
  • 教育現場で必要なサーバ/ネットワーク/クライアントインフラ環境を総合的に熟知したSEが多く在籍しています。

導入の流れ

1.要件確認
現状のシステム構成や移行に必要な作業内容、想定スケジュール、ご予算規模などをヒアリングします。
ヒアリングした内容をもとに最適なクラウド移行を踏まえたシステムデザインの提案、移行スケジュール案(簡易版)などを策定します。
上記移行作業をお客さまと弊社側で役割分担を行い、作業費及び、運用保守費を提示します。
2.設計
クラウド(※移行方式含む)、サーバサービス、ネットワーク、セキュリティ、運用管理などの基本設計を行います。
その後、パラメータ設計(詳細設計)と、試験書の作成を行います。
上記設計はお客さまと隔週程度のお打合せ(オンライン可)や、メール等で内容を詰めていきます。
※クラウドへの移行方式は、下記参考図を参照ください。"
3.構築及び移行作業
設計に基づきクラウド環境を構築します。作業は弊社内からリモートで行い、必要に応じて貴学に訪問して作業を行います。
データの特性上、移行時に停止を伴う場合や、サービス切替えが必要な場合は移行設計時に貴学と協議いたします。
4.運用保守
移行したシステムをお客さまが運用できるように運用手順書の提供と、管理者向け説明会を行います。
運用における質問等をメールで回答します。障害時はリモートでお客さま環境へログインし、迅速に対応します。

クラウド移行方式(参考図)

クラウド移行方式

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • 文教私たちは、ICTサービスを通じて質の高い教育環境の実現に貢献していきます。

この製品に関連する製品