EDIサポート┃サポート期間

サポートポリシー

「EDI-Master B2B・TRAN・JSシリーズ」はお客さまのご要望・市場動向・不具合修正等により、ソフトウェアを随時バージョンアップしております。各バージョン毎にサポート期間を設けておりますので、継続してご利用いただく際はサポート期間内に最新バージョンのソフトウェアをご入手ください。

  • 各バージョンの通常サポート期間(通常保守)は、原則マイナーバージョンを含めて1世代後のバージョンがリリースされてから3年後までとします。
  • 通常サポート期間終了後2年間は、延長サポート期間(延長保守)とします。延長保守は、通常保守に比べてサービス内容に変更ありませんが、保守料金が高くなります。ただし、通常保守未加入の場合、延長保守には加入できません。
  • 通常サポート終了時期は、3年を経過した月末とします。通常・延長含んだサポート終了時期は5年を経過した月末とします。
  • バージョンはメジャー、マイナー、リビジョンからなり、マイナー以上のリリースを起点とします。
  • 製品の販売は、リビジョンを含めたバージョンの最新版のみとなり、過去バージョンの販売は行いません。
  • 最新版のリリースを伴わず、その時点の出荷バージョンをもって販売終了となる製品のソフトウエアサポート期間は、販売終了日の翌日から1年間とします。
  • 製品販売終了およびソフトウエアサポート期間終了日は、弊社ホームページにて公開します。また当該製品において保守(年間保守サービスパック)にご加入のお客様にはメールにてご案内します。

製品ライフサイクル

サポート期間中は、有償の年間保守サービスパックにご加入いただけます

年間保守サービスパックは有償のサポートプログラムです。
年間保守サービスパックに加入していれば、上記ポリシーによってソフトウエアのサポート期間が終了した場合でも、無償にて最新バージョンにアップグレードすることが可能です。(ただし、年1回に限ります。また、事前に無償バージョンアップサービスの対象外となる旨連絡したバージョンアップ版を除きます。)
なお、サポート期間が終了したソフトウエアに対しては年間保守サービスパックにご加入いただくことはできません

現在サポート期間中の製品

サポート期間が終了した製品(年間保守サービスパックにはご加入いただけません)

ホーム > ソリューション・製品 > EDI > EDI-Master B2B Gateway