ホーム > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現

東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入
社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現

  • お知らせ

2022年6月2日

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、東映アニメーション株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:高木 勝裕、以下東映アニメーション)がローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」による内製開発を推進し、システム利用者のニーズに迅速かつ的確に応える体制を整備したことをお知らせします。

概要図

東映アニメーションの内製化イメージ

東映アニメーションは、テレビアニメや劇場アニメなどの企画製作から、コンテンツ配信、キャラクターの版権ビジネス、催事にかかわる事業などを手掛けています。これらの広範な事業を支えるのが基幹システムや周辺システムです。市場の変化が速い昨今において、システムの新規開発や改修需要が高まっており、開発の人材確保やスピード、外部委託によるコストといった課題がありました。また、業務の中にはシステム化されていないものもあることから、属人化しやすく非効率であることにも問題意識を持っていました。
このような課題を解決するために開発を内製化するためのツールの必要性を感じた東映アニメーションは、「WebPerformer」をトライアル利用し、使いやすさと実装可能な機能などのバランスを評価し正式導入しました。その結果、内製でのアジャイル開発体制を整えることができ、システム利用者の要求にフィットしたシステムを迅速にリリースすることを実現しています。
今後、内部システムだけでなく外部に向けたWebシステムにも範囲を広げるなど、継続的にシステム開発の内製化に対応していく予定です。
キヤノンITSでは、導入社数累計1,200社以上の「WebPerformer」ユーザーの声を製品に反映し、開発効率向上やIT人材不足などの課題を解決し、企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献してまいります。

●東映アニメーションの事例詳細は下記よりご覧いただけます。

WebPerformerについて

■概要

WebPerformerは、Webシステムを素早く開発できるローコード開発プラットフォームです。
直感的な開発、素早いリリース、自動生成による品質の均一化などにより開発期間が短縮でき、システムを利用するビジネス部門と開発部門との共創型開発を実現し、ビジネス環境の変化にも柔軟に対応したシステム構築が可能となります。

■対応する主な課題

  • 開発期間と開発コストを可能な限り抑え、自社業務に合ったWebシステムを導入したい
  • パッケージが合わず、システムをスクラッチ開発しても品質がバラバラのため、高品質なWebシステムが欲しい
  • 多様化するIT環境や技術進化への対応が困難となっている
  • 従来のシステムが老朽化しメンテナンスが困難なため、Webシステムに変えてモバイルにも対応したい
  • 人材育成の時間とコストがかかり、技術者の確保が困難(開発環境が多様化し、ベテランからの技術継承が難しい)となっている

■主な機能

  • 操作性の高いWeb画面を自動生成
  • マルチデバイスに対応したWebアプリケーションも自動生成
  • データ中心アプローチ (DOA)による開発か画面ファーストの開発を選択可能
  • Web Componentsを組み合わせた柔軟な拡張開発
  • WebPerformer Cloudとの組み合わせにより、ニアショア開発も可能

■1ヶ月無料トライアル

WebPerformerの全ての機能を、1ヶ月間無料でトライアル可能です。ホームページにてトライアルの申し込みを受け付けています。

WebPerformerホームページにて、動画で分かりやすく概要を紹介しています。

本件についてのお問い合せ先

  • 報道関係者のお問い合わせ先:企画本部 コミュニケーション推進部
    コミュニケーション推進課 03-6701-3603(直通)
  • 一般の方のお問い合わせ先:デジタルビジネス統括本部
    デジタルビジネス営業本部 デジタルビジネス企画部 企画第二課 03-6741-9181(直通)
  • WebPerformerホームページ:canon-its.co.jp/products/web_performer/

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > 東映アニメーションがローコード開発プラットフォーム「WebPerformer」を導入 社内システムの内製化によるアジャイル開発を実現