ホーム > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始

ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を
支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始

  • ニュースリリース

2021年10月7日

株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:北野 裕行、以下 ユニリタ)とキヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下 キヤノンITS)は、お互いの強みと顧客基盤を組み合わせ、お客さまや社会の課題を解決する新しい価値を生み出すために、両社がカバーするさまざまな分野で協業の検討をしてきました。その中で、今般、お客さま自身による業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を2021年10月7日(木)より提供開始します。両社は、本ソリューション展開の協業を通じて、日本企業のデジタル変革の支援を加速させていきます。

業務可視化とローコード開発を組み合わせた「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」

業務可視化とローコード開発を組み合わせた「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」

お客さまの課題

  • 手作業やシステムの分断により業務が属人化し、意思決定につながる有意なデータの取得・蓄積・活用ができていない。
  • 手作業のデジタル化やシステムの連携・統合を進めたいが、現状プロセスやデータ構造は拠点・事業・部署毎にバラバラな状態で標準化が進められず、IT化に多大な時間とコストがかかる。
  • 現状業務の可視化・分析やシステム化を企画・推進できる人材が不足している。
  • システム構築はITベンダーに任せきりで、アジャイル開発を推進できる体制がない。

本ソリューションの特長と効果

本ソリューションの優位性

  • 1.業務可視化ツールとローコード開発プラットフォームを組み合わせ、かつ特定業務を想定したテンプレートを提供するソリューションは業界初となります。これによって、従来は業務分析または要件定義フェーズと実装フェーズとをそれぞれ別々に一から行ってきましたが、両者を同時並行的にテンプレートベースで推進することができるため、短い工期で着実な成果を生み出すことができます。また、本ソリューションはお客さまが短期間で習得可能な易しさ・使いやすさを備え、DXにおける要件定義と開発の内製化を強力に推し進めることができます。

特長

  • 1.ユニリタの業務可視化ツールRanabase※1(ラーナベース)を用い、対象業務プロセスを改善するBefore/Afterの姿を想定した業務プロセステンプレートを提供します。現状業務の可視化、課題と対応策の特定、あるべき姿の業務プロセスの定義を、コンサルテーションを通じ体験できます。
  • 2.キヤノンITSのローコード開発プラットフォーム WebPerformer※2(ウェブパフォーマ)を用い、対象業務に必要とされるシステム機能の部品群をテンプレートとして提供します。また、エンジニアが開発をリードし高品質なアジャイル開発を体験できます。
  • 3.業務プロセスをデジタル化できるだけでなく、そこで生み出されるデータをどのように活用して意思決定に活かすかを検討し、データドリブンな改善サイクルを実現します。
  • 4.Ranabaseによる業務プロセスの編集方法、WebPerformerによるアジャイル開発方法の実践を通して各種の活用法を短期間に習得できます。

想定効果

  • 1.現状業務とあるべき姿の業務プロセスが可視化され、並行して実機画面を見ながら機能検証ができることにより、関係者間の合意形成が進みやすく、理解齟齬による開発手戻りが防止できます。
  • 2.アジャイルでリリースを繰り返すことで早期に着実な効果を生み出すことができます。
  • 3.業務プロセステンプレートやシステム機能テンプレートの提供により、工期が短縮化され、高い費用対効果が得られます。
  • 4.本サービスの遂行を体験することで短期間に効果的なアジャイル開発手法を習得することができ、お客さま自らが継続的に業務とシステムを改善して行ける体制を実現し、お客さま企業のDX推進に中長期的な効果を生み出します。

今後の展開と目標

ユニリタは、今後もRanabaseの機能を継続して拡張し、提供するサービスを拡充することで、クラウドサービス事業の拡大を図っていきます。
また、キヤノンITSにおいても、WebPerformerの機能を継続して拡張し、提供するサービスを拡充することで、ローコード開発プラットフォームによる開発の市場拡大を図っていきます。
ユニリタとキヤノンITSの両社は、本ソリューションの推進により、日本企業のDXへの取り組みを支援していきます。なお、導入企業の目標は、2022年度中に累計10社です。

  • ※1 Ranabase
    「Ranabase」は、技術力や経験の有無に関係なくさまざまな規模のチームが低コスト、低負荷でプロセスの可視化を行い、改善サイクルを小さく回し始められるように、ユニリタのプロセス・マネジメントの専門集団がノウハウを結集させて作り上げたクラウドサービスです。Rana(ラーナ)はラテン語で蛙を意味し、欧米では「変化」や「成長」の象徴と言われています。「Ranabase」は、個人、チーム、組織の変化と成長を強力にサポートします。
  • ※2 WebPerformer
    WebPerformerはGUIによる直感的な操作により開発期間を短縮し、Webアプリケーションの自動生成により品質の均一化を実現できるローコード開発プラットフォームです。2005年より販売を開始し、変化するビジネスニーズや多様なシステム環境に対応した機能強化を実施するなど、長年にわたる自動生成への取り組みが評価され、2015年から6年連続でシェアNo.1(*1)を獲得しています。
  • *1 株式会社デロイト トーマツ ミック経済研究所「アジャイル開発で加速するローコードプラットフォーム市場動向 2021年度版」<『設計・コード生成型』ライセンス市場動向より>

株式会社ユニリタの概要

社名 株式会社ユニリタ
設立 1982年5月24日
代表者 代表取締役 北野 裕行
所在地 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟
会社HP https://www.unirita.co.jp/
事業内容 データ活用領域、ITシステム運用管理領域のパッケージソフトウェア開発・販売・サポートおよびソリューション、コンサルティングサービスの提供

キヤノンITソリューションズ株式会社の概要

社名 キヤノンITソリューションズ株式会社
設立 1982年7月1日
代表者 代表取締役社長 金澤 明
所在地 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー
会社HP https://www.canon-its.co.jp/
事業内容 SIおよびコンサルティング、各種ソフトウエアの開発・販売
  • 本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。
  • 本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

本件についてのお問い合せ先

<報道関係者の方>

  • (株)ユニリタ
    広報IR室
    https://www.unirita.co.jp/inquiry/form.html
  • キヤノンITソリューションズ(株)
    企画本部 コミュニケーション推進部コミュニケーション推進課
    TEL:03-6701-3603

<一般の方>

  • (株)ユニリタ
    クラウドサービス事業本部 ビジネスイノベーション部 Ranabaseグループ
    https://www.unirita.co.jp/inquiry/form.html
  • キヤノンITソリューションズ(株)
    デジタルビジネス統括本部 デジタルビジネス営業本部 デジタルビジネス企画部
    TEL:03-6741-9181(直通)

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始
ホーム > ソリューション・製品 > アプリケーション開発基盤 > ローコード開発 WebPerformer > ニュース > ユニリタとキヤノンITSが協業し、業務プロセスの可視化とアジャイル開発の内製化を 支援する「プロセス志向のアジャイル型ソリューション」を提供開始